Book Review
Mao Ishikawa

原初的な強さをとらえた女性讃歌
ブックレヴュー『赤花 アカバナー、沖縄の女 Red Flower The Women of Okinawa』石川真生

Red Flower The Women of Okinawa

1 2 3 NEXT PAGE

今年、SESSION PRESSから刊行されたばかりの『赤花 アカバナー、沖縄の女』は、一貫して沖縄をとらえ続けてきた石川真生の原点を示す写真集だ。ヴェトナム戦争が終結を迎えた1975年から77年にかけて撮影された本作には、70年代の沖縄における女性と黒人米兵たちの姿が鮮やかに写されている。40年の時を経て『赤花 アカバナー』と新たに名付けられた写真集に込められた、土地と歴史の中に生きる人々へのまなざしを考察する。

レビュワー=小林美香
企画=twelvebooks

『赤花 アカバナー、沖縄の女』は、石川真生(1953~)が1975年から77年にかけてコザ市(現在の沖縄市)と金武町の黒人米兵専用バーでホステスとして働きながら、仲間の女性たちや米兵を撮影した写真を纏めた、デビュー写真集『熱き日々 in キャンプハンセン!!』(比嘉豊光との共著、あ〜まん出版、1982年) の収録作品を中心に、未発表の作品を含めたモノクロ写真80点で構成されている。

本書より以前に、展覧会「写真家 石川真生――沖縄を撮る」(アートフォーラムあざみ野、2013年)の開催と同時期に、長らく絶版になっていた『熱き日々 in キャンプハンセン!!』のうち、石川の撮った写真を再編、増補し、リニューアルした復刻版のようなかたちで『熱き日々 in オキナワ』(FOIL、2013年)が刊行されているが、本のサイズやページに余白を設けるレイアウトにより、オリジナルの写真集に具わる迫力が削がれていたことは否めない。今回の写真集は、撮影から40年を経たデビュー作の「復刊」というよりも、40年以上にわたって沖縄を撮り続けてきた石川真生の写真家としての原点とエネルギーを示すことに主眼を置いて編まれている。

写真集全体に漲るエネルギーは、ニューヨークに拠点を置き、SESSION PRESSの主宰者として企画、編集を行った須々田美和の手腕によるところが大きい。大判の判型で、カバーは鮮やかな赤いシルクスクリーンの網点で印刷され、表紙の女性のアフロヘアの髪型や顔立ちの立体感、正面を見つめる強い眼差しが見る者を惹きつける。写真を裁ち落とし、見開き全体でダイナミックに繰り広げられる写真のシークエンスは、その中にとらえられた人物たちを過去の時空の中にではなく、いまこの世界に生き、眼前に存在するかのように生き生きとした姿で立ち上がらせている。写真のシークエンスは、冒頭では女性にフォーカスしながら、バーのある地区や店内の様子、米兵との恋愛関係やセックス、浜辺で女性が戯れる様子、女性と黒人兵との間に生まれる子どもたち、と女性の体験する時間の流れを軸として展開する。

Red Flower The Women of Okinawa

『赤花 アカバナー、沖縄の女』を、『熱き日々 in キャンプハンセン!!』と『熱き日々 in オキナワ』に照らし合わせながら見比べると、印象に強く残るのは、人物の肌の質感、とくに黒人男性の肌の弾力感を伝える印刷の精緻さ、力強さである。肌に対する鋭い感覚を具えた目線で写真を選び、編集することができたからこそ、撮影から40年を経て現在、世界中の読者に石川真生の作品の価値を問うに相応しい写真集に仕上がったと言える。また、このような肌の質感の描写によって、米兵相手のバーが黒人専用と白人専用に分れていたという、当時の米軍基地で根強く残っていた人種差別の実態、時代の空気感を写真集のページから感じ取ることができる。

1 2 3 NEXT PAGE