Book Review
Viviane Sassen

ブックレヴュー『ROXANE II』ヴィヴィアン・サッセン
写真家、ヴィヴィアン・サッセンの新境地

ROXANE Ⅱ ヴィヴィアン・サッセン 写真集

1 2 3 NEXT PAGE

現代写真において、その独創的なスタイルで高く支持される女性写真家、ヴィヴィアン・サッセン。自らをヴィジュアルアーティスト名乗るように、最新刊『ROXANE II』でも前作に続き彼女のミューズであるロクサーヌとのコラボレーションによって生まれた、数々なファンタジックなイメージが収められている。ペインティングを積極的に採用し、パフォーマンスのみならず、前後の過程も作品へと昇華している。サッセンが見せる新境地を、写真集から紐解く。

レビュワー=河野幸人
企画=twelvebooks

ヴィヴィアン・サッセンは現在第一線で活躍する写真家たちの中でも、とりわけアイコニックなスタイルを持つ写真家である。ミステリアスと呼ぶにふさわしい彼女の写真が世に与えたインパクトは計り知れないし、私も初めて彼女の写真を見たときに抱いた印象と、視覚が拡張されるような感覚をよく覚えている。そして今日、周りを見渡せばヴィヴィアン・サッセン風の写真を撮影する写真家は溢れ返っている。彼女が次世代を切り開いた写真家であることは疑う余地がないだろう。

しかし、初見以降私がこの作家に抱いていた印象は「興味深い写真家」という枠に留まるものだった。というのもサッセンの写真はいつも「安心して」見ることが、いい換えるならば、いつも自分が期待するものをそのまま見ることができていたからだ。サッセンに限らず、特徴的なスタイルを持つ写真家は常にある種のジレンマに晒されている。スタイルを様式として、美学に落とし込むことで永らえるものもいるが、その多くは形骸化し、いつしかその様式それ自体に飲み込まれてしまう危険性を抱えている。だが先日出版されたサッセンの新作『ROXANE II』(oodee刊)は、そのような印象や危惧を一瞬で払拭するものであった。『ROXANE II』はヴィヴィアン・サッセンという作家像を更新する見事な一冊だ。

ROXANEⅡ ヴィヴィアン・サッセン 写真集2

オランダ生まれのヴィヴィアン・サッセンは、現代写真の文脈に根ざしつつも、ミュウミュウやルイ・ヴィトンといったビッグメゾンのキャンペーンを手がけるなど、積極的にファッションや広告の分野でクリエーションを行う写真家である。アーネム王立芸術アカデミーにてファッションデザインを2年間学んだ後に写真を4年間専攻し、最終的にはファインアートを1年間専攻した。この経歴が現在の二つの分野、ファッションとアートをまたにかけるスタイルを形成している。人目をひく独自の色彩感覚と幾何学的、あるいはグラフィカルな特徴を併せ持つ彼女の写真は、ここ日本でも広く受け入れられている。

そんなサッセンは誌面や展示空間での作品発表だけでなく、多くの写真集も出版している。過去には現代最高のブックデザイナーとも評される「イルマ・ボーム」や、写真集デザイナーとして現在引っ張りだこの「-SYB-」と制作したものや、作品としての側面を強調するような実験的写真集も制作している。サッセンにとって写真集が単なるカタログではないということは、彼女が表現手段としての写真集というテーマで論文を書いたというエピソードからも伺える。*註1

1 2 3 NEXT PAGE