Photobooks of the Month

書店員がピックアップする8月のおすすめ写真集【銀座 蔦屋書店編】

AREA

東京都

SHARKS XXL

マイケル・ミュラー『TSHARKS XXL』

IMA ONLINEの新企画として、4店舗の写真集の目利きが毎月おすすめ写真集を紹介するコンテンツがスタート。東京には、個性的なセレクトが光るブックショップが数多く点在する。その中で、アートに力を入れる大型書店や個性的なアートブックやZINEを扱うインディペンデントブックショップなど、写真集を扱う4店舗の書店員が、毎月おすすめの写真集を3冊ずつピックアップ。

セレクト・文=番場文章(銀座 蔦屋書店)

X-Men、Captain Americaなどを始めとした映画のポスターで俳優やミュージシャンを数多く撮影し、ハリウッドで活躍している写真家、マイケル・ミュラーが、その確かな技術力と、特許を取得した特別なライティング機材で、海底のサメのポートレイトとして制作した作品集。限界までサメに近づき撮影した写真作品は恐怖とアドレナリンに満ち、サメの力強さと、美しさを感じることができます。各国のTASCENストアでは個展が巡回しており、L.A.、ミラノと続いています。数多あるサメ写真集の中で最高傑作のひとつです。本書は鉄格子が専用のケースになっており、印刷の美しさ・サイズともに豪華版となっています。

タイトル

マイケル・ミュラー『SHARKS XXL』

出版社

TASCHEN

価格

180,000円+tax

発行年

2016年12月

仕様

ハードカバー/鉄格子付/447mm×531mm/カラー、モノクロ/340ページ/限定1000部、作家サイン付

URL

https://store.tsite.jp/item-detail/art/11138.html

1990年からニューヨークを拠点に活動している日本人写真家、藤間謙二。薔薇など花の水彩画シリーズがよく知られる、19世紀フランスを代表する画家ピエール=ジョセフ・ルドゥーテの植物図譜に描かれた花へのオマージュとして制作されました。絵画と写真の中間のようなハイパーリアリスティックな画像は、花の各部位を撮影した複数の画像の合成で一枚の作品がつくられています。Gallery916 smallでは、9月16日(土)~10月15日(日)まで個展開催予定。

タイトル

藤間謙二『THE MOST BEAUTIFUL FLOWERS』

出版社

KEHRER VERLAG

価格

7,500円+tax

発行年

2017年8月

仕様

ハードカバー/245mm×315mm/カラー/160ページ

URL

https://store.tsite.jp/item-detail/art/11274.html

受賞者には写真集出版の権利が与えられるダミーブックアワードなどを仕掛け、近年の若手写真集の勢いを牽引する注目のイタリアの出版社CEIBA editionから刊行された本書。「自らの生を物語として纏め上げたい」という作家の思いから制作され、自身の父の描いた絵・家族の記念写真・テキスト・写真などから構成されています。両親の死という壮絶な体験は作者にしか感じ得ない壮絶な体験ですが、写真集として本書を触れる私たちに希望や生きる美しさをやさしく諭します。

タイトル

上田順平『Picture of My Life』

出版社

CEIBA

価格

8,796円+tax

発行年

2017年8月

仕様

ハードカバー/176mm×248mm/カラー/英語・日本/140ページ

URL

http://www.junpei-u.com/

銀座 蔦屋書店
アートと日本文化の2つのテーマに掲げ今年4月にGINZA SIX6階にオープンした大型書店。 6万冊以上のアートブックが並ぶ書店だけではなくギャラリーやカフェなどを併設し 銀座カルチャーの新たな中心となっている。

〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
tel: 03-3575ー7755
9:00~23:30(不定休)
https://store.tsite.jp/ginza/