「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」
出展申込は6月30日まで!

2017.6.21 Wed

TOKYO ART BOOK FAIR 2017

今年の秋に開催されるアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」(以下、TABF)は、5年ぶりに会場を変え、天王洲アイルに“やって来ます”。現在、『IMA』編集部は天王洲アイルにあるため、“やって来ます”なのです!デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」の開催が大きな話題を呼んだ寺田倉庫をメイン会場に、同エリアに位置するギャラリー、ショップや企業と連携し、天王洲アイルがアートで盛り上がる4日間を作り上げたいとのこと。同時期に『IMA』が開催を予定している企画もあるので、お楽しみに!

TOKYO ART BOOK FAIR 2017

そして、TABFでは今月末まで写真集を含むアートブックを作る出展者を募集しています。出版社やギャラリーに限らず、個人での出展も可能です。作り手が本の魅力を来場者に直接伝えることができるので、初めて本というかたちでの作品発表を考えている方にとっても反応を試す良い機会になるはず。

話はちょっと変わりますが、私は時間を持て余していた高校生の頃にサービス版の写真をノートに貼ってレイアウトやシークエンスを考えたり、コラージュしてみたりしていました。最近実家に帰り、その中の一冊を見つけたのですが、誰に見せるわけでもなくただ作っていた未完成のもので、TABFのような発表の場があったら、完成できたのかなーなんて思ってしまいました。

自分の場合は、単に飽きっぽかっただけの気が大いにしますが(笑)、締め切りを設定することで生まれる作品もあると思います。興味のある方は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか? 申込は、こちらのフォームより可能です。