Unseen Amsterdam 2017

「BEYOND 2020」も盛り上がりを見せたUnseen Amsterdam現地レポート

AREA

オランダ

Unseen Amsterdam 2017

1 2 3 NEXT PAGE

若手写真作家の登竜門として名実ともにその地位を確立したUnseen。昨年に引き続き、2017年もBEYOND 2020展を通じて、日本人アーティストが世界の熱い注目を集めた。

文=IMA

去る9月21日(木)〜25日(日)、Unseen Amsterdamがアムステルダム(オランダ)の地で開催された。世界各国のビッグコレクターとトップギャラリーが集結し、ギラギラとしたアートビジネス色の強いパリ・フォトと対局を成す、Unseen。未発表作や若手作家を中心としたギャラリーのラインナップと会場キュレーションが売りで、「現代アート写真の最新トレンドを知るなら9月のアムスへ!」が、アート写真関係者&ファンのあいだでは共通認識になっているほど注目度は高い。

円筒形のレトロなガス塔とその周辺施設をリノベーションした趣きある建物を舞台に、総勢50を超えるギャラリーが放射線状に並んだ展示ウォールを作品で埋め尽くす光景は、いつ見てもオリジナリティ溢れていてとても印象的。「景気は上向き」といわれるオランダの経済的背景もあってか、平日、週末を問わず、来場者とギャラリストの熱心なやりとりが各ブースで見られ、実際に話をしたギャラリーの多くも笑顔で好調な作品の売れ行きに息を弾ませていた。

Unseen出展2年目となったBEYOND 2020

IMA galleryも当初はギャラリー枠で、水谷吉法や石橋英之らの作品を中心にフェア参戦していたが、昨年より日本人若手作家の“海外進出”をさらに力強くサポートする方向に軸足を移し、「LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS」(以下、BEYOND 2020)と題したグループショーでUnseen出展を果たしている。このプロジェクトはパナソニックとコラボレーションして、日本人アーティストを国外へと積極的にプッシュしていく試みで、開催5回目を数える今年は、「ポストトゥルース時代のポートレイト」というテーマのもと、平澤賢治、菅野恒平、白井晴幸、上田順平、矢島陽介、山谷祐介の作家6名の作品をお披露目した。

1 2 3 NEXT PAGE