Photobooks: Evolving by Rebirth

復刻によって蘇る写真集 vol.1
復刻によって写真集マーケットをさらに拡張する マイケル・マック インタビュー

© Alec Soth

© Alec Soth

1 2 3 NEXT PAGE

名作の復刻は歴史を受け継ぎ、再考し、また掘り起こす行為でもある。復刻によって写真集は何度でも生まれ変わり、そして蘇る。何をもって名作とし、復刻されていくのだろうか。その背景と意義を探る。

深井佐和子=インタヴュー・文

現代の写真集専門出版社として世界のトップを牽引する、イギリスのMACKの代表マイケル・マック。2011年の設立からこれまで世界の名だたるアーティストと次々タッグを組んできた彼だが、近年そのラインナップにひときわ復刻版の刊行が目立つようになった。

自身を復刻の刊行に駆り立てるものは一貫して「写真集市場に対しての民主主義的アプローチ」と語るマック。現在でも冷めやらぬブームが続く、いわゆる「レアブック市場」に対しては、かねてより不快感を持っていたという。「僕は何かをより多くの人に届けることに興味があります。少ない人数の顧客だけを対象に少部数のものを作り、すぐに品切れにして値をつり上げるような市場形成をしたくないとずっと考えていました。それではコミュニティ全体がつぶれていくだけだし、より広いマーケットを創生していくことはできません」。

『Kodachrome』ルイジ・ギッリ(MACK、2012)

『Kodachrome』ルイジ・ギッリ(MACK、2012)

『Kodachrome』ルイジ・ギッリ(MACK、2012)

『Kodachrome』ルイジ・ギッリ(MACK、2012)

『Kodachrome』ルイジ・ギッリ(MACK、2012)

『Kodachrome』ルイジ・ギッリ(MACK、2012)

復刻版刊行にのめり込んだきっかけを聞くと、意外にも設立当初に取り組んだルイジ・ギッリの『Kodachrome』(2012)だったと教えてくれた。「MACKを設立したばかりでタイトルも少なかったのですが、この本は復刻版を刊行することの意義を、自分の中で明確にしてくれました。当初絶版だった初版本をオークションで入手。印刷も用紙も安っぽく、ボロボロの状態だったという。「どんなに優れた名作でも、こんなにコンディションが悪くて2000ドルもしたら、いったい誰が買って喜ぶのでしょう? 発売当初に買いそびれてしまっただけで、人々が素晴らしい写真集にアクセスできないのは不公平だと思いました」。そこで財団と交渉を進めて、ギッリ自身によるオティのテキストを加える形で復刻。これにより一躍ギッリの名は若い世代にも知られることになる。若手キュレーターを執筆者として迎えたのには、「往年の名作を復刊する際に、すでにエスタブリッシュした学識者が語るよりも若い人がストレートに良さを語ってくれる方が、いまの言語的な感覚が反映されて良いと思ったから」という明確な理由があった。

1 2 3 NEXT PAGE