Interview
Oliver Chanarin

オリバー・チャナリンインタビュー
ニュースもアートも“エンターテインメント”─複雑な世界を紐解くためのユーモア

AREA

神奈川県

オリバー・チャナリン

「帰還、2008年6月16日」(2008年)の横に佇むオリバー・チャナリン。床には、「フロイトの長椅子の残存繊維を石英楔板を用いて観察した際の干渉縞」(2015年)が配置されている。ブルームバーグ&チャナリン「痕跡証拠」展示風景。

1 2 3 NEXT PAGE

現在開催中のヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」。アダム・ブルームバーグとオリバー・チャナリンの二人からなる写真家デュオ、ブルームバーグ&チャナリンも本トリエンナーレに3つの作品を出展している。インスタレーションとして各作品が絡まり合うように構成された空間はわたしたちに何を訴えようとしているのだろうか?今回来日したオリバー・チャナリンのインタビューからは、美しい色彩が特徴的な3作品の裏に潜むユーモアが見えてきた。

文=石神俊大
写真=高橋マナミ

写真の「外側」を想像すること

ブルームバーグ&チャナリンは旧来的な「写真」の形式に縛られず、その表現を拡張する作品をつくることで知られている。ドイツの劇作家・詩人であるベルトルト・ブレヒトの名作『War Primer』(*1)へのオマージュとして制作した『War Primer 2』(2013年)でドイチェ・ベルゼ写真賞、聖書の原文と戦争や軍事に関する資料写真などを巧妙に組み合わせた作品集『Holy Bible』(2014年)では、ICPインフィニティ・アワードを授賞するなど、近年ますますその存在感を発揮している二人といえる。

今回のトリエンナーレでの展示には「痕跡証拠」とタイトルが付けられ、「帰還、2008年6月16日」(2008年)、「ロンドン自爆テロ犯(L-R)2005年7月7日にルートン鉄道駅でハシブ・フセイン、ジャーマイン・リンゼイ、モハメッド・シディック・カーン、シェザッド・タンウィアが防犯カメラによって撮影された。2010年4月22日木曜日、ザ・ガーディアン紙、ポータブル・モニュメント」(2011年)、「フロイトの長椅子の残存繊維を石英楔型検板を用いて観察した際の干渉縞」(2015年)の3作品が展示されている。それぞれ撮影手法やコンセプトが異なるが、どれも美しい色彩を特徴としており、展示室に足を踏み入れるとまずその色彩に心を奪われるだろう。

なかでも鑑賞者の目を引くのは、部屋じゅうに散りばめられたカラフルな木製のキューブだ。これらは、床に敷かれたタペストリー状の「フロイトの長椅子の残存繊維を石英楔型検板を用いて観察した際の干渉縞」の上にも置かれており、鑑賞者は自由にキューブを動かすことができる。こうした展示の形式は2017年1月にミラノのLisson Galleryにて行われた同名の展示を踏襲したものであるという。

ブルームバーグ&チャナリン「痕跡証拠」展示風景。

来場者は、床に置かれているキューブを自由に動かすことができる。
ブルームバーグ&チャナリン「痕跡証拠」展示風景。

「作品はどれもわたし自身がカメラを覗き込んで撮影したものではありません。プロジェクトの結果としてイメージが生み出されています。たとえば、アフガニスタンの紛争地帯で制作した『帰還、2008年6月16日』(*2)は感光紙を太陽にさらすことでイメージをつくっていますし、『フロイトの長椅子の残存繊維を石英楔型検板を用いて観察した際の干渉縞』(*3)の色彩も自分が決めたものではありません。これらは他者の決定によって生み出されているのです」

そう語るのは今回のトリエンナーレで衛星が観測した波と難民船の動きを描いたソロのドローイング作品も出展しているオリバー・チャナリンだ。今回出展した3つのデュオとしての作品はあたかも関連性があるかのように展示されているが、その関係性は明示されていない。チャナリンはそれらの結びつきをパズルのようだと語る。

「ただ綺麗なだけではなく、作品が鑑賞者に向かって質問を投げかけているような気がしませんでしたか? わたしは具体的なものが提示されていないイメージを観て、フレームの外側で実際に何が起きているのか考えてほしいんです。だから、それぞれの作品を鑑賞者が好きなだけ掘り下げてもらいたいと思っています。あるいは、床で横になって遊んでもらってもいい。キューブで遊んだって構いません」

彼らの作品は何も考えずに見ればただの美しいイメージに過ぎず、そこからメッセージを受け取ることは難しい。それゆえ、オリバーは写真を観ながら「考える」ことを鑑賞者に強いる。作品への強いコミットメントを求めるからこそ、写真上の情報をきつく制限しているのだ。

「リベラルな発想ではありますが、作品づくりにおいて戦場の写真を観て死者をかわいそうに思ったり怒りを覚えたりするような、感情的な経験には意味がないと考えています。写真を目にしたときに起きるべき反応は、そこで何が起こっているのかを考えることです。そういった反応を引き起こすには、何が写っているのかを完全には見せないようにすればいいわけです」

今回出展されている「帰還、2008年6月16日」は、まさにそういう作品なのだとオリバーは続ける。

「この作品は新たな社会問題を見せるためにつくられたものではありません。我々は、悲惨なイメージを散々見てきたわけですから。この作品が問いかけているのは、あなたは何を見たいのか?感情的になるのに十分な写真とは何か?何を見れば何を考えるようになるのか?ということです」

右側に展示されているプリントが「ロンドン自爆テロ犯」

右側に展示されているプリントと積み木が「ロンドン自爆テロ犯(L-R)2005年7月7日にルートン鉄道駅でハシブ・フセイン、ジャーマイン・リンゼイ、モハメッド・シディック・カーン、シェザッド・タンウィアが防犯カメラによって撮影された。2010年4月22日木曜日、ザ・ガーディアン紙、ポータブル・モニュメント」(2011年)
ブルームバーグ&チャナリン「痕跡証拠」展示風景。

他方のキューブを撮影した作品は、ブレヒトによる『War Primer』からインスパイアされたものである。カラフルでサイズもさまざまなキューブをブレヒトの詩のようなコード、ある種の言語として使用することで2001年のアメリカ同時多発テロにおいて撮影されたワールドトレードセンターの写真のように、有名なプレス写真を分解し、掘り下げていくワークショップを行った。写真が何で構成されているかを細かく分析しキューブを使って答えを示すという。独自のアルゴリズムを用いて写真をキューブへ変換するわけだが、積み上げられたキューブからオリジナルの写真を復元することは不可能だ。写真について徹底的に理解を深める行為でありながらも、そこには写真にしか内包できない情報があり、写真のマジカルな要素を再確認したという。

*1:オリジナルの『War Primer』は、新聞の切り抜きのコレクションで、それぞれに4行の詩をブレヒトが添えたもの。写真のエピグラムと呼ばれており、プレス写真を「読む」または「翻訳する」方法を示している。チャナリン&ブルームバーグは、エピグラムの技法を用いて戦争やテロをテーマにした『War Primer 2』を制作した。

*2:2008年6月にプレスの一員としてイギリス軍に同行し、紛争が日々激化するアフガニスタンで制作した作品。過酷な状況の中、血なまぐさい写真を報道写真家とは相反し、7メートル幅に裁断した感光紙を20秒間、太陽にさらし本作品を制作した。

*3:フロイト博物館からの依頼を受けて制作した作品。二人は警察の協力を得て、フロイトが患者を診るために使用していた部屋に付着していたDNAサンプル、髪の毛、埃などを採取した。展示作品は、二人が特に興味を寄せていたフロイトのペルシャ絨毯の付着物を高解像度放射線石英画像をタペストリーにプリントしたもの。

1 2 3 NEXT PAGE