Photobooks: Evolving by Rebirth

復刻によって蘇る写真集 vol.2
信頼の構築が、写真集を現代に蘇らせる 中島佑介(POST)インタヴュー

『Screen Test / A Diary』Gerard Malanga, Andy Warhol(POST、2017)

『Screen Test / A Diary』Gerard Malanga, Andy Warhol(POST、2017)

1 2 3 NEXT PAGE

名作の復刻は歴史を受け継ぎ、再考し、また掘り起こす行為でもある。復刻によって写真集は何度でも生まれ変わり、そして蘇る。何をもって名作とし、復刻されていくのだろうか。その背景と意義を探る。

石神俊大=インタヴュー・文

出版社というくくりで書籍の特集を行っていることで知られるブックショップ、POSTは近年、写真集の復刻にも積極的に取り組んでいる。IMA Photobooksと共同でスタートした出版レーベルFoci Pressからは、オランダの写真家ヨハン・ファン・デル・クーケンの写真集『Wij zijn 17』を発行し、今年はPOSTとしてアンディ・ウォーホルとジェラード・マランガによる写真集『Screen Tests / A Diary』を手がけたばかり。代表の中島佑介は「優れた写真集なのに、いま手に取れなくなってしまったものを見る機会を作りたい」と語る。

「最初に復刻したクーケンの『Wi j z i jn 17』は、個人的な思い入れが強い写真集でした。大学生の頃に見て衝撃を受けて、同時にオランダの文化に興味をもつきっかけにもなった一冊なんです。1955年に発行されて以降、この写真集自体は何度も復刊されていましたが、毎回売り切れて絶版の状態が続いていました。写真家として国際的に有名ではないけど時代を超えて常に売れているというのは、写真集が優れている証拠。そこでこの写真集は僕にとってもすごく重要だということを、クーケンの作品管理を担う彼の元妻ノシュカ・ファン・デル・レリーと、オランダ写真界を牽引するギャラリストであり、ノシュカの現在のパートナーであるウィレム・ファン・ゾーテンダールに説明したところ、復刻の許可をいただけたんです」

『wij zijn 17』Johan Van Der Keuken(Foci Press、2015)

『wij zijn 17』Johan Van Der Keuken(Foci Press、2015)

『wij zijn 17』Johan Van Der Keuken(Foci Press、2015)

『wij zijn 17』Johan Van Der Keuken(Foci Press、2015)

『wij zijn 17』Johan Van Der Keuken(Foci Press、2015)

一方で、『Screen Tests / A Diary』は美術評論家・河添剛の紹介によって写真集の存在を知り、復刻を決めたのだという。「マランガ自身が写真集に関する権利を保持していたのですが、河添さんはマランガとも交流があり、この写真集の重要性をすごく理解されていました。復刻作業にあたっては、河添さんの知人がもっていたオリジナルをお借りできました。復刻版の造本はオリジナルにかなり近づけていますね。本来は凸版印刷だったのですが再現するのは難しかったため、オリジナルのデータをスキャンで取り込んで、にじみやかすれも再現しています。当時の製本はかなりラフで水平垂直がきっちりとられていないところも多いため、バランスを取りながら微妙な傾きも残すようにしました」。

1 2 3 NEXT PAGE