Photobooks: Evolving by Rebirth

復刻によって蘇る写真集 vol.2
信頼の構築が、写真集を現代に蘇らせる 中島佑介(POST)インタヴュー

『Screen Test / A Diary』Gerard Malanga, Andy Warhol(POST、2017)

『Screen Test / A Diary』Gerard Malanga, Andy Warhol(POST、2017)

PREVIOUS PAGE 1 2 3

POSTから刊行された復刻写真集を紹介

『Screen Test / A Diary』
Gerard Malanga, Andy Warhol(POST、2017)

アンディ・ウォーホルとジェラード・マランガが、16ミリカメラで彼らの制作スタジオ「ファクトリー」を訪れた人々のバストアップを撮影した映像作品「Screen Tests」のフィルムからプリントされた写真と、その写真に合わせてマランガが綴った散文詩からなる写真集。1967年に発売されたときは全く注目されず、その後もコレクターズアイテム化していたが、「いま見てもポートレイトとして新しい。表情を繕えない映像から写真を切り出すことで、普通は写真に写らない表情がとらえられている」と中島が語るように、美術史においても重要な意味をもっている。ミック・ジャガーやサルバドール・ダリなど錚々たる面々が被写体に名を連ね、60年代のアメリカ文化をとらえたポートレイト集としても貴重な一冊。

オリジナル版『Screen Test / A Diary』
Gerard Malanga, Andy Warhol(Kulchur、1967)

原書は50年前である1967年にKulchurから刊行された。同年に出版されて高い評価を得た『Andy Warhol’s Index (Book)』とは対照的に、当時はほとんど売れず、刊行から数年後も在庫を抱えていた出版社は断裁処分をしてしまった。そのため市場に出回る部数が極端に少なく、オリジナルの価格も高騰した。

Yusuke Nakajima

中島佑介|Yusuke Nakajima

1981年生まれ。2002年にlimArtをスタートし、2011年にPOSTをオープン。恵比寿の店舗では常に出版社が入れ替わる本棚に加え、ドイツのSteidlの主要刊行物が並ぶ。現在はPOSTのディレクターとして、ブックセレクトや展覧会の企画、書籍の出版のほか、Dover Street Marketのブックシェルフコーディネートも手がける。2015年からはThe Tokyo Art Book Fairのディレクターに就任。

PREVIOUS PAGE 1 2 3