Interview
Roger Ballen

人間の本性に向き合う写真、無意識へ訴えかけるメタファー
ロジャー・バレン展「BALLENESQUE(バレネスク)」インタヴュー

AREA

東京都

Roger Ballen

1 2 3 NEXT PAGE

南アフリカのヨハネスブルクを拠点に活躍する写真家ロジャー・バレン。彼の50年にわたる活動を集大成した作品集『Ballenesque, Roger Ballen: A Retrospective』(Thames & Hudson)の刊行にあわせて、東京で初となる個展「BALLENESQUE(バレネスク)」が開催されている。来日したバレンに、アメリカを出て南アフリカにたどり着くまでのバックグラウンドから、社会の周縁に生きる人々をとらえた初期のドキュメンタリー的作品、人物に加えて壁のシミや落書き、ドローイング、針金、オブジェ、動物といった複合的な要素をバレン特有の美意識で空間構成し、超現実的な世界を写真によってクリエイトする近年の作品まで、その歩みを聞いた。

文=小林英治
写真=高木康行

「BALLENESQUE(バレネスク)」

精神的な探求のはじまり

―あなたはニューヨークの生まれですが、50年近くのキャリアの中で35年以上にわたり南アメリカを拠点に活動をされています。なぜ南アフリカだったのでしょうか?

世界各地を旅する中で1974年にケープタウンにたどり着いたんですが、アフリカの土着のカルチャーだけでなく、西洋のカルチャーやコロニアルなカルチャーなどが混在していて、土地自体が非常に興味深く感じられました。当時はまだアパルトヘイト政策も行われている時代でしたが、住人たちは非常に友好的で、そこで現在の妻にも出会いました。

―最初の作品集『Boyhood / 少年時代』(1979)は、世界中で撮影された子どもたちが収録されていますが、これらは南アフリカにたどり着く前の旅で撮影したものでしょうか。

そうです。若い頃に何度か大旅行をしていて、そのひとつが5年間かけてイスタンブールからニューギニアまでを旅したもので、『Boyhood』はその間に撮影した写真が中心になっています。旅のルートはトルコからイラン、アフガニスタン、パキスタン、インド、ネパール、バングラディシュ、ミャンマー、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、にパプアニューギニア。そのまま北上してフィリピン、マカオ、香港、台湾、日本、韓国に行って、最後にハワイを経由してアメリカへ戻りました。初めて日本を訪れたのもこのときで、1976年です。この旅では自身の幼少期を探すということがテーマにあって、いわば精神的な旅ですが、この作品に限らず、私のキャリアを通して精神的な探求ということが一貫したテーマとしてあります。

Boyhood Froggy Boy, USA ,1977 Gelatin Silver Print © Roger Ballen Courtesy of EMON Photo Gallery

Boyhood Umbrellas, Japan,1976 Gelatin Silver Print © Roger Ballen Courtesy of EMON Photo Gallery

―あなたは地質学者でもあるということですが、それは写真と関連があるのですか?

大学では心理学を学んだんですが、南アフリカで暮らすようになってから、1977年に一度アメリカに戻って地質学のPh.D(博士号)を取りました。それで1982年に再び南アフリカに行き、それからはヨハネスブルクにずっと住んでいます。南アフリカは地質学の仕事をするのに適した場所だったんです。金、銀、銅、スズなどを採掘するビジネスの自分の会社をもっていて、その仕事をしながら写真も並行してやっていました。どこに住もうがプラスとマイナスの側面がありますが、南アフリカは地質学の仕事ができて写真もできて、しかも一年を通して天気もいい。それを考えたら誰がニューヨークやパリに住もうと思う? 家から50m離れたところには動物園があって、13頭のライオンがいるんだ。野生のハイエナもたくさんいて、近所の人は私がハイエナを飼ってると思ってるけどね(笑)。

―では、写真を専門的に学んだことはないんですか?

写真は独学です。ただ母親がマグナムで働いていて、彼女は60年代後半にカルティエ=ブレッソンをアメリカで最初に扱ったギャラリーのうちの一つで働いてたんですが、母親に写真は教わったことはありません。最初に手にしたカメラは、1968年の6月に、『ニューヨーク・マガジン』で働いていた母親の友人が、高校の卒業祝いとして香港から送ってくれたニコンのFTNです。それまでに写真はよく見ていたので、カメラを手にした瞬間に、自分の脳はすでに写真家向きにできているのがわかりました。18歳のそのときからずっと写真を撮っていて、50年経ちます。

―1950年生まれで68年に高校卒業ということは、まさにカウンターカルチャーの最盛期にアメリカで思春期を過ごした世代ですね。今回発売されたレトロスペクティヴの作品集にはウッドストックで撮った写真も収められていますし、その後カメラを手に世界中を旅したというのも納得です。

1 2 3 NEXT PAGE