Interview
Stephen Gill

スティーブン・ギル インタビュー
誰も見たことのないイメージを作り続ける気鋭の写真家と、
京都に残る伝統的プリント技法が魅せる新境地とは?

Share

スティーブン・ギル

1 2 NEXT PAGE

カメラを水に漬けたり、蟻をカメラの中に入れたり、エナジードリンクを現像液として用いたり――誰も見たことのないイメージを追い求める飽くなき探究心から生まれる実験的なアイデアだけでなく、それらを美しいイメージへと昇華する徹底した姿勢を持ちあわせるスティーブン・ギル。一見何もないように見えるスウェーデンの自然を対象にした新作『Night Procession』では、ギルらしい型にはまらない発想によって生命力に満ちあふれた夜の森を神秘的に描き出している。そして今年、明治20年(1887年)に創業し、ガラス板を使った伝統的印刷技法コロタイプを継承する便利堂コロタイプ工房が主催するHariban Awardをギルが受賞。京都にある工房を訪ねたギルに、新作とプリント体験について話をきいてみた。

構成・文=IMA
写真=大野秀子

スウェーデンの豊かな自然をとらえた独自の視点

―『Night Procession』は、スウェーデンで制作されたシリーズです。いつ頃、ロンドンからスウェーデンに引っ越したのでしょうか。また、環境の変化が制作にもたらした影響があれば教えてください。

2014年3月に家族とともにスウェーデン南部に移住したのですが、その前から都市での生活から一転して田舎で暮らすことで、さまざまな面で新しい風が吹き込まれると確信していました。また、私の作品において自然が大きな役割を果たすようになるだろうとも。また、被写体がどのように立ち現れるのかも異なるので、表層から隠されているものを引き出すために、住み慣れたロンドンにいるときよりもっと想像力を働かせないといけないと考えていました。それに、近年の写真技術や不正確に映しだされた自然の姿にがんじがらめにされた抑圧から解き放たれた作品を作ることを楽しみにしていましたね。

スウェーデンは広大な国ですが、人口はとても少なく、何もない土地や鬱蒼とした森がどこまでも続いています。一見、荒涼とした景色として映りますが、実際はそうではありません。驚くほど活発に生命が活動している。そのような土地で、3年半かけて『Night Procession』を制作しました。

ギル自身が手がける出版レーベル、Nobodyより刊行した写真集『Night Procession』。

ギル自身が手がける出版レーベル、Nobodyより刊行した写真集『Night Procession』。

―私たちが普段目にすることのない、動物たちの姿に目を向けたきっかけとは?

日中に散歩をする中で見つけた生命の存在を示すたくさんの小さな証拠が、動物たちがどれほど夜に活発に活動しているのかを教えてくれました。例えば、羽毛の塊、さまざまなサイズの動物の足跡、かじった跡のある枝、卵の殻、アリ塚、食べかけのきのこ、前の夜に動物たちが残したご馳走のまわりに集まるかたつむりやなめくじ……。暗闇に覆われた森の中で、野生の勘と生きる意志に突き動かされて暮らす動物たちに思いを巡らせるようになりました。

便利堂でのテストプリント

便利堂でのテストプリント

―写真の中の動物たちは、カメラの存在に気づいていません。アングルも独特で、カメラは人の目線よりもずっと低い位置に設置されています。観る者は、動物たちの世界に忍び込んだような気分になりますが、カメラの位置はどのようにして決められたのでしょうか。

動物たちの活動範囲を想像して場所のあたりをつけ、木々の低い位置に人感センサ付きのカメラを設置し、何かが動くとシャッターと赤外線フラッシュが作動するようにしました。何もない風景を見ながら長方形のフレームの中で構図を考え、そこにまだ存在しない夜行性の動物たちの姿を想像し、まだ起こっていない活動について思いを巡らすのはとても面白かったです。「自分が鹿だったらどこで水を飲むだろうか?」「もしフクロウだったらどの枝にとまるか?」などと考え、「自分ならここだ」と思う場所にカメラを設置しました。

―自身でシャッターを押していない写真を目にしたときの感想を教えてください。

この世のものとは思えないパラレルワールドに足を踏み入れたようで、興味をかき立てられました。また、これらは無音のイメージですが、不思議と音を発しているように感じました。また、私が13歳のときに初めて手がけた写真プロジェクトを思い出しました。ブリストルの実家のバスルームの窓に腰かけて、カメラにつなげた10メートルのケーブルの先についたスイッチを握りしめ、庭にやってくる小鳥の写真を撮ろうとしていたんです。

1 2 NEXT PAGE