Talk
François Halard × Taka Kawachi

対談 フランソワ・アラール×河内タカ
ソール・ライター、サイ・トゥオンブリー、ルイジ・ギッリ…
作家のバイオグラフィーを浮かび上がらせるアトリエの風景

AREA

東京

Share

2017年10月8日に「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」で開催された「Saul Leiter」刊行記念トークイベントより

2017年10月8日に「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」で開催された「Saul Leiter」刊行記念トークイベントより © Mari Kojima

1 2 3 NEXT PAGE

今春Bunkamuraザ・ミュージアムで開催された「ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展」で総計8万人という記録的な来場者数を動員したアメリカ人画家、写真家のソール・ライター。2013年にライターが死去してから2年後、フランス人フォトグラファーのフランソワ・アラール(François Halard)はライターのアパートメントを撮影し、その作品をまとめた写真集『Saul Leiter』が今秋LIBRARYMANより刊行された。その刊行を記念して、河内タカをゲストに迎え、刊行された写真集にまつわる話から、数々のアトリエや部屋を撮影してきたフランソワにサイ・トゥオンブリー、ルイジ・ギッリといったアーティストとの思い出や、その撮影プロセスについて訊く。

*2017年10月8日に「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」で開催された『Saul Leiter』刊行記念トークイベントから抜粋して掲載しています。

企画=twelvebooks
通訳=江口研一
写真=小嶋真理
構成=小林祐美子
協力=在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

河内タカ(以下、河内):どういったきっかけでソール・ライターの住んでいた部屋を撮ることになったのでしょうか?

フランソワ・アラール(以下、フランソワ):友人がニューヨークのイースト・10thストリートにあるソール・ライターのアパートを買って、そこで写真を撮ったらどうかといわれたのです。私がソールの写真をイメージしたときにまず浮かんだのが雪の情景、冬、ニューヨークの光でした。2015年の冬に彼のアパートを撮りに行ったとき、偶然にもその日は冬で雪が降っていて、部屋はニューヨークの光に満ちていました。彼がこの家を撮ったらどうなるだろうと想像しながら撮影しました。

河内:生前に会われたことは?

フランソワ:会う予定だったのですが、会うことはできませんでした。

河内:2006年にSteidlから写真集『Early Color』が出るまで、ソールは日本では存在すら知られていなかったのです。ソールの写真は知っていましたか?

フランソワ:もちろん。20代のとき、Jane Livingstonの『The New York School: Photographs, 1936-1963』という本で知りました。作家の場所と記憶を留めようという意識が強くあるので、撮影するときは基本的にセッティングするわけではなく、何も変えないようにしています。

François Halard『Saul Leiter』(Libraryman, 2017)

François Halard『Saul Leiter』(Libraryman, 2017)

河内:それはわかります。ほかのシリーズを見てもセットした感じがなく、すごく自然に撮っている。まさにこの『Saul Leiter』を見ると、ソール本人がいないだけで、そこには彼の生きた証拠がいろいろなところで残っています。最初にアパートに入ったときどういう印象を持ちましたか?

フランソワ:まず最初に窓に目が行きました。そこで気付いたのが、ソールが写真家だけでなく絵描きでもあったということです。

Saul Leiter © François Halard

Saul Leiter © François Halard

河内:この本を見ると、写真家というより絵描きとしての痕跡の方が多いように見えました。このイーストビレッジのアパートは、そんなに大きくないんですよね。この建物は100年以上経っているんじゃないでしょうか?

フランソワ:そうですね。1870~1860年くらいの建物でしょうか。

河内:この見開きページがすごく好きです。ソールの作品が額に入っていて、そのモチーフの椅子を次のページで撮ってますね。

François Halard『Saul Leiter』(Libraryman, 2017)

François Halard『Saul Leiter』(Libraryman, 2017)

フランソワ:パーソナルな方法で作家の有り様を伝えようと思うので、作品の中でどう使っていたか、という視点を入れようと思っています。

河内:フランソワの写真はとても温かみのある質感が特徴的だと思います。また、数機のカメラがさりげなく置いてあったりして、こういうのは写真家として絶対撮りたいんじゃないでしょうか?

François Halard『Saul Leiter』(Libraryman, 2017)

François Halard『Saul Leiter』(Libraryman, 2017)

フランソワ:その通りです。このキャビネットの後ろ側に、20ほど別のカメラがありました。さまざまなカメラを使いわけていたようです。

河内:アーティストのアトリエを撮るとき、その人のことを調べてから行くのでしょうか?例えば、ソールに影響を与えたフランスのナビ派の作家の本が写っていますが、あらかじめ調べているからこういうものを撮れるのでしょうか?

フランソワ:あまりリサーチは行いません。その作品を初めて見たときの印象や、感覚、感情を大事にしています。ソールは本に直接ドローイングを描く事もしていました。好きなものの上に自分のマークを残していく感じですね。彼の水彩はとても好きです。

河内:ソールは自分の写真にも絵を描いてましたよね。

フランソワ:作家後期に、初期の写真に絵を描くということをやっていました。

河内:Steidlから出る予定の『In My Room』というライターのヌードの作品が、出版の準備のためか、たくさん部屋に出ているのが写真集の中にも写っていましたね。

フランソワ:ヌードの作品はすべてこのアパートの中で撮られていました。空っぽのアパートですが、壁はそのままですし、随所に彼がいた存在の痕跡が残っているのを意識していただけると思います。

1 2 3 NEXT PAGE