IMA ARART EXHIBITION
もうすぐ絶滅するという紙の書物についてARが考えたこと

六本木ヒルズを中心に都内各所で開催される、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース「MEDIA AMBITION TOKYO」の関連企画として展覧会を開催いたします。

2015.2.11(Wed) - 2015.2.22(Sun)

IMA CONCEPT STORE

Share

IMA ARART EXHIBITION

このたびIMA wall では、2015年2月11日(水)から六本木ヒルズを中心に都内各所で開催される、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース「MEDIA AMBITION TOKYO」の関連企画として「IMA ARART EXHIBITION ―もうすぐ絶滅するという紙の書物についてARが考えたこと―」を開催いたします。

【AMBITION OF IMA ARART】
写真雑誌『IMA』では、AR(現実拡張)表現を得意とするモバイルアプリ「ARART」とともに、アナログとデジタルが互いの可能性を引き出す未来示唆的なメディアの在り方を追求しています。そんな「IMA ARART」過去10号分の作品群を展示します。

【ARART】 
「ARART(アラート)」は、かざしたものに命を吹き込むアプリケーションです。モバイルデバイス上の表現を現実と結びつけることで、現実の空間に新たな物語や価値を創出します。リアルな世界と強く紐づいた新しい表現のプラットフォームとして、これまでにない体験を提供します。

【MEDIA AMBITION TOKYO】
今年で3回目を迎えるMEDIA AMBITION TOKYO(MAT)は、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケースです。過去2回の開催で約120,000人を動員。2015年は開催エリアを拡大し、六本木、青山、お台場、飯田橋、渋谷を舞台に最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンスが集結します。従来の枠にとらわれない創造の相乗効果「クリエイティブシナジー」でテクノロジーカルチャーの潮流を生み出し加速する。都市を舞台にしたテクノロジーやアートが共生共栄する日本のネクストビジョンを世界に向けて発信します。
http://www.mediaambitiontokyo.jp/

会期

2015年2月11日(水)~2月22日(日)

会場

IMA CONCEPT STORE

時間

11:00~22:00

休廊日

無休

観覧料

無料

イベント

・猪子寿之×齋藤清一×谷川じゅんじ「VISION2021 ちょっと未来のぼくらの話」 
・白鳥啓×本城直季×若林恵×太田睦子「テクノロジーはいかに『写真』を拡張するか?」 
・オリヴィエ・ラツィ×若林恵「ヴィジュアルアートはジャンルではない」 

Share

Staff Picks