this year's model

伊丹豪「this year's model」展を開催いたします。近年の伊丹の写真に対する考えの積み重ねとしてまとめられた作品です。

2014.10.28(Tue) - 2014.11.30(Sun)

IMA CONCEPT STORE

Share

this year's model

日常の中に存在する風景を、写真という二次元のメディアを通して見ることにより、そのイメージを“見る”とはどういうことか、また、視覚や見るということを追究し、写真の可能性を拡張させる試みを作品を通してみせてきた伊丹豪。本作「this year’s model」は、前作である「study」において、世界を注意深く観察すること、膨大な数の中から写真を丹念に選び取ること、その組み合わせ方や並べ方を熟考することなどのすべてのメソッドを試みた上で写真の可能性を探るという、近年の伊丹の写真に対する考えのその積み重ねとしてまとめられた作品となっています。

「this year’s model」のコンセプトをもとに、IMA CONCEPT STOREで実際に使用されている家具や什器、写真集を展示作品に組み込み、写真の上に複数のレイヤーを重ねることにより、伊丹作品に見られるレイヤーや構成を写真のイメージ内にとどめず拡張させる試みとして、展示スペース全体を使用し“写真のイメージの再構築”のための構成となっています。

「写真というのは目の前の現実空間をカメラという光学機器によって二次元へと変換することだ。この変換の際に起こる変化は劇的で、精巧にコピーすればする程実際の目の前から遠く離れていくという矛盾を持つ。平面へと変換されてしまったものをイメージと呼ぶなら、このイメージとなってしまったものにこそ興味がある。感情や、物語や、論理を超えてイメージとなってしまい写ってしまったと呼ばざるをえない何か。このイメージになぜ心が動かされるのか、何が心を動かすのか、言葉を超えて発生するその力の在処を探りたい。まとめるための動機ではなく、撮り続けるための、自分が驚き続けるための動機はイメージの力を信じるところにしかない。」―伊丹豪

会期

2014年10月28日(火)~11月30日(日)

会場

IMA CONCEPT STORE

時間

11:00~22:00

休廊日

不定休

観覧料

無料

Share

Staff Picks