河内タカ『アートの入り口』ヨーロッパ編刊行記念トーク、
本書の先行発売も

河内タカ『アートの入口』ヨーロッパ編刊行記念トークイベント「ぼくは多くのものをヨーロッパのアートと写真から学んできた」が、代官山 蔦屋書店で開催される。

06 September 2016

Share

アートの入口

1980年代初頭から30年間をアメリカで過ごし、ニューヨークを拠点にアートや写真のキュレーション、そして写真集の編集を数多く手がけてきた河内タカ。Facebookで約5年間にわたって、アーティストや写真家たちの人となりや相互のつながり、また時代背景を個人的な視点を交えながら誰にでも読みやすい文章で連載している。

アメリカ編に続き太田出版より書籍化された『アートの入り口 美しいもの、世界の歩き方[ヨーロッパ編]』の刊行を記念し、代官山 蔦屋書店でトークイベントが開催される。

本作は、ヨーロッパで誕生した写真とその歴史的名作、表紙にもなっているアンリ・マティスなどの20世紀に活躍した画家たち、そしてデュシャンを始めとした現代アートまでを俯瞰するような構成。本イベントでは、書籍に登場する作家や作品、それらとの出会いについて自由に語る。

なお、本イベント限定で本書『アートの入り口 美しいもの、世界の歩き方[ヨーロッパ編]』が先行販売される。

日程

2016年9月10日(土)

会場

代官山 蔦屋書店

時間

19:30~21:00

料金

1,000円*対象商品購入も可

定員

50名

URL

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2016/09/post-194.html

Share