鈴木理策が故郷・和歌山で写真展を2カ所同時開催

鈴木理策が、和歌山の田辺市立美術館、熊野古道なかへち美術館で写真展「意識の流れ」「水境」を同時開催。

26 April 2016

Share

SAKURA 10,4-45 / 2010

SAKURA 10,4-45 / 2010
© Risaku Suzuki / Courtesy of Gallery Koyanagi

鈴木は、1980年代半ばから写真を媒体に創作活動を始め、1998年に故郷・熊野に至る道のりをテーマにした初の写真集『KUMANO』を刊行。以後、展開されたロードムービーのような物語性を持って、見るものの意識に柔らかに働きかける鈴木の表現は高く評価され、2000年には第25回木村伊兵衛写真賞を受賞した。

田辺市立美術館で開催する「意識の流れ」展では、「海と山のあいだ」「Sakura」「White」「Étude」の4つのシリーズを展示。タイトル「意識の流れ」は「見るという行為に身をゆだねると、とりとめのない記憶やさまざまな意識が浮かんできて、やがてひとつのうねりのような感情をもたらすことがある」という鈴木の言葉が基づいている。

熊野古道なかへち美術館で開催する「水境」展は、カメラの特徴と水面の特性に着目した鈴木の最新シリーズを特集。現実の世界と水面にうつる世界とが溶け合う「水鏡」は、知覚と鏡像とをないまぜにし、いままでに見たことのない新鮮な風景を生み出している。

会期

2016年4月16日(土)〜6月26日(日)

会場

田辺市立美術館熊野古道なかへち美術館

時間

10:00〜17:00(入場は閉館の30分前まで)

休館日

月曜、5月6日(金)

観覧料

【田辺市立美術館】600(480)円
【熊野古道なかへち美術館】400(320)円
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
*学生および18歳未満無料

URL

http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/exhibitions/160416RisakuSuzuki.html

関連書籍

  • IMA MAGAZINE Vol.3

    IMA MAGAZINE Vol.3

    鈴木理策 掲載

  • IMA MAGAZINE Vol.11

    IMA MAGAZINE Vol.11

    鈴木理策 掲載

Share