アナログプリントがもたらす偶然の美、
世界最高峰のアート出版社・Steidl社プロデュース展

Steidl社とPOST共同企画「Tomasz Gudzowaty, PROOF」展が、代官山・SPEAK FOR B1F/B2Fで開催。

15 June 2016

Share

Tomasz Gudzowaty, PROOF

© Tomasz Gudzowaty 2016

ポーランドの写真家トマシュ・グゾバティは1971年、ワルシャワ生まれ。これまでに世界100カ国以上を旅し、野生やスポーツ、社会情勢などをテーマに活動を続けるドキュメンタリー・肖像写真家。作品は『VOGUE ITALIA』などの紙面でも発表され、数多くのコンペティションでグランプリを受賞している。

本展は、トマシュが管理していたアナログプリントにもたらされた“偶然の美”を、新しい表現の境地として焦点を当てたもの。「Polaroid TYPE 55」のインスタント写真がもともと持っている、不完全で予期できない美しさが起こる芸術性を主題としている。

また写真展開催に合わせ、本展の主催である世界最高峰のアート出版社・Steidl社より写真集が刊行。写真展は全世界の巡回を予定しており、東京が世界で最初となる。

なお、6月24日(金)に行われるオープニングレセプションには、トマシュとSteidl社創設者ゲルハルト・シュタイデルの両者も在廊。翌日25日(土)には代官山 蔦屋書店でブックサイニングイベントも開催される。

会期

2016年6月25日(土)~7月1日(金)

会場

SPEAK FOR B1F/B2F

時間

11:00~19:00

URL

http://post-books.info/news/exhibition-tomasz-gudzowaty-proof

Share