石塚元太良「Demarcation​」​展、新作シリーズの発表も

石塚元太良「Demarcation​」​展が、1月20日(金)より東京・竹芝のGallery 916で開催。

18 January 2017

Share

「PIPELINE AUSTRALIA 2015」

「PIPELINE AUSTRALIA 2015」© Gentaro Ishizuka

石塚元太良は1977年、東京都生まれ。8×10などの大型フィルムカメラを用いながら、ドキュメンタリーとアートの間を横断するように時事的なテーマに対して独自のイメージを提起している。2016年、Steidl Book Award Japanでグランプリを受賞し、ドイツのSteidl社より新作『GOLD RUSH ALASKA』を2017年秋に出版予定。

本展「Demarcation」では、石塚の原点となったアラスカを縦断する全長1,280キロメートルの石油輸送パイプラインを追いかけた「パイプラインプロジェクト」をメインに、初期から今年オーストリアで撮影した新作まで30点余りの大判プリントを展示。また併設スペース・Gallery 916 smallでは、新作シリーズ「N/P」も発表される。

タイトル

「Demarcation」

会期

2017年1月20日(金)~3月26日(日)

会場

Gallery 916(東京都)

時間

11:00~20:00(土日は18:30まで)

休館日

月曜(祝日除く)

観覧料

【一般】800円【学生・シニア】500円【高校生】300円【中学生以下】無料

URL

http://www.gallery916.com/exhibition/demarcation/

Share