食品サンプルで境界線を探る、
スティーブ・ナカムラ&ノーバート・ショルナー
「NEARLY ETERNAL」展

スティーブ・ナカムラ&ノーバート・ショルナー写真展「NEARLY ETERNAL」が、5月12日(金)より東京・明治神宮前のBOOKMARCで開催。

10 May 2017

Share

NEARLY ETERNAL

NEARLY ETERNAL © Steve Nakamura & Norbert Schoerner

本展「NEARLY ETERNAL」は、アートディレクターのスティーブ・ナカムラと、写真家のノーバート・ショルナーによるコラボレーション作品集『NEARLY ETERNAL』の刊行記念展。

ナカムラは、東京を拠点に活動しているロサンゼルス生まれのアートディレクター。2015年からラフォーレ原宿の年間広告メインビジュアルのアートディレクターを務め、きゃりーぱみゅぱみゅのCDアートワークはデビューから5年間、アートディレクションを担当した。ショルナーは、ドイツ生まれの写真家。1989年からロンドンを拠点に活動。『The Face』、『New York Times』、『Foam』などの雑誌や、COMME des GARÇONS、PRADAなどの広告キャンペーンを手がけている。

本書は食べ物に関する写真集で、主にプラスチックで出来た食品サンプルで構成することで料理本の信憑性に挑戦し、現実とフィクションの微妙な境界線を探った一冊となっている。会期初日19:00からは、作家の2人を招いたシャンパンレセプションとサイン会も開催。

タイトル

「NEARLY ETERNAL」

会期

2017年5月12日(金)~5月21日(日)

会場

BOOKMARC(東京都)

時間

12:00~19:00

Share