「日産アートアワード2017」で題府基之、石川竜一らが新作を発表

いま見るべき才能が集う、ファイナリスト5名の作品を9月16日(土)から横浜・BankARTで公開。

03 August 2017

AREA

神奈川県

Share

題府基之「Still Life」

題府基之《Still Life》2013年 タイプCプリントにアルミマウント 86×65.7cm

才能ある日本人アーティストをグローバルな視点で選抜し、海外のアートシーンでプレゼンスを高めることを後押しする現代美術アワード「日産アートアワード」。隔年開催で、過去には米田知子、ミヤギフトシも選出された本アワードが今年も開催され、ファイナリストによる新作展が9月16日(土)からスタートする。

審査員は森美術館館長の南條史生や数多くの国際展を手掛けるパレ・ド・トーキョー館長のジャン・ド・ロワジーなど、世界を拠点に活動する美術関係者5名。今年度は新進の写真家として注目が高まる題府基之や石川竜一、田村友一郎がファイナリストに選ばれている。

9月27日(水)には本アワードのグランプリを発表。同日には来場者からの投票により決定されるオーディエンス賞も発表される。

【出品作家】
題府基之/藤井光/石川竜一/田村友一郎/横山奈美

タイトル

「日産アートアワード2017:ファイナリスト5名による新作展」

会期

2017年9月16日(土)~11月5日(日)

会場

BankART Studio NYK 2F(神奈川県)

時間

10:00~19:00

休館日

第2、第4木曜
*9月27日(水)は、イベント開催のため一般入場不可

入場料

無料

URL

http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NAA/EVENT/

石川竜一 《A Grand Polyphony, ZK.013 NAHA》 2013年 アーカイバルピグメントプリント 45×60cm

藤井光 《帝国の教育制度》 2016年 ビデオ 21分

田村友一郎 《裏切りの海》 2016年 インスタレーション 展示風景:横浜美術館「BODY/PLAY/POLITICS」展 800cm×1600cm×400cm

横山奈美 《最初の物体》 油彩、麻布 181.8×227.3 cm 撮影:怡土鉄夫

Share