石川直樹が最北の街を切り取る「Svalbard」展

恵比寿・NADiff Galleryで旅する写真家、石川直樹の最新作を公開。

24 November 2017

AREA

東京都

Share

Svalbard © Naoki Ishikawa

Svalbard © Naoki Ishikawa

世界をフィールドに活動を続ける写真家・石川直樹の個展が12月1日(金)から恵比寿・NADiff Galleryで開催される。

現在は大規模個展「この星の光の地図を写す」が全国巡回中の石川。その独自な活動の展開はアートや写真の分野に留まらず、広く高い評価を得ている。

本展では、石川が旅したスヴァルバールの土地についての記録と記憶についての覚書を、写真、そして旅の道具などとあわせて展示される。スカンジナビア半島に位置するスヴァルバールは、光で満たされた白夜の夏、闇に包まれる極夜の冬、ふたつの季節で異なる気候の変化がある北極圏の最北の街。そこに夏と冬に訪れた石川は、そこにある景色と光を丹念に写真に撮りため作品にまとめ上げた。

未知のものに出会いたいという飽くなき欲望や好奇心、探求心で、旅を続ける石川の現在を見られる展覧会だ。

またスペシャルイベントとして、「石川直樹の道具・蚤の市」が12月23日(土・祝)に開催される。

タイトル

Svalbard

会期

2017年12月1日(金)〜2018年1月8日(月)

会場

NADiff Gallery(東京都)

時間

12:00~20:00

休館日

月曜(年末年始休業/月曜が祝日の場合は翌日)

URL

http://www.nadiff.com/?p=7874#EVENT

Share