気鋭の写真家・倉谷卓の新作、テーマは「暴力」

2017年12月3日(日)まで鵜の木・Gallery Hasu no hanaにて2シリーズの新作を公開。

30 November 2017

AREA

東京都

Share

Photographic Violence

塩竈フォトフェスティバル2011写真賞で大賞を受賞した倉谷卓の写真展「Photographic Violence」が、12月3日(日)まで鵜の木・Gallery Hasu no hanaで開催されている。 

近年では、他者が何らかの目的のために撮影した写真を複写したり、SNSなどを通じ投稿(発表)された画像を扱うなどの手法で、作品を発表してきた倉谷。その作品は、デジカメ、携帯電話の普及により誰もが写真を手軽に撮影し、編集し、SNSなどで発表することが可能となったいま、社会の中でどう写真が扱われ、とらえられているか、写真とは何かを、見る者に突きつけてくる。

本展では、SNSに投稿された写真と関わる中で顕在化されるさまざまな「暴力」をキーワードに制作したふたつのシリーズの新作が発表される。

タイトル

「Photographic Violence」

会期

2017年11月25日(土)〜12月3日(日)

会場

Gallery Hasu no hana(東京都)

時間

12:00~18:00(水金曜は15:00〜22:00)

休館日

木曜

入場料

400円(高校生以下無料)

URL

http://www.hasunohana.net

Share