ロバート・フランクの写した時代と人生を描く、
ドキュメンタリー映画『アメリカンズ』

映画『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』が、2017年4月から東京・渋谷のBunkamura ル・シネマほか全国で順次公開。

09 November 2016

Share

Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

ロバート・フランクは1924年、スイス・チューリッヒに生まれ。1947年に単身渡米、アメリカ全土を旅して撮影した1958年出版の写真集『The Americans』は、1960年代以降のアメリカの写真・アート界に大きな衝撃を与えた。今年11月9日(水)に92歳を迎える。

来年4月よりBunkamura ル・シネマほか全国で順次公開される映画『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』は、フランクの知られざる人生と時代を、フランクとともに旅するように綴ったドキュメンタリー作品。そうそうたるアーティストたちに敬愛されるフランクの遺産を残そうという思いから、数々の貴重な映像や各時代の空気を伝える豪華な音楽を収録。フランクが見つめた時代を、ローラ・イスラエル監督が綴っていく。

また11月11日(金)からは、フランクがアートブックなどを手掛け、映画『世界一美しい本を作る男』で知られるドイツ・シュタイデル社の創業者ゲルハルト・シュタイデルとともに企画した、自身の活動を振り返る展覧会「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo」が、東京芸術大学大学美術館 陳列館で開催。同展は世界50都市を巡回中で、東京は10都市目にあたる。

タイトル

『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』

公開

2017年4月ゴールデンウィーク

会場

Bunkamura ル・シネマ(東京都)ほか全国順次公開

URL

http://robertfrank-movie.jp/

Share