アメリカ人写真家チャド・ムーア作品集、タイトル“ため息橋”とは

チャド・ムーア作品集『Bridge of Sighs』が、oodeeより刊行。

06 September 2016

Share

Bridge of Sighs

アメリカ人写真家チャド・ムーアの作品集。本書タイトル「Bridge of Sighs」は、ニューヨークにある作者のスタジオに隣接する刑務所とニューヨーク郡裁判所をつなぐかけ橋のニックネーム。これは16世紀にイタリア・ヴェネチアに架けられた、囚人を独房に移す際に通らなければならなかったかけ橋に由来し、囚人はこのかけ橋を通る際に窓から見る最期のヴェネチアの美しい景色に思わずため息をつくことから「Bridge of Sighs(ため息橋)」と呼ばれるようになったという。

作者は本書タイトルが、多くの時間をニューヨークで過ごす人々が“どこかの時点で感じる何か”を反映するものとしてとらえている。

出版社

oodee

価格

4,500円+tax

発行年

2016年

仕様

ソフトカバー/255mm×295mm/カラー/40ページ

URL

https://twelve-books.com/products/bridge-of-sighs-by-chad-moore?variant=30447717772

Share