シンガポールに住み着いた九官鳥を追うドキュメント『MYNAS』

シンガポール人アーティスト、ロバート・ザオ・レンフイによる作品集が発売。

22 September 2017

Share

MYNAS

シンガポール人アーティスト、ロバート・ザオ・レンフイの作品集がナショナル・アーツ・カウンシル・シンガポールの支援を受け発行された。

レンフイは「批評的なアプローチで動物学的観点を発展させていく試み、もしくはどのように人間が動物を見ているのかを研究する」ことをミッションとする機関「Institute of Critical Zoologists」に所属するアーティストである。

シンガポールの観光エリアの一つであるオーチャードロード沿いの木に、毎晩夜7時になると現れる九官鳥、ジャワハッカ。糞で道路を汚し、けたたましい鳴き声が集まり激しい騒音と化すジャワハッカは、そのエリアの小売店や買い物客にとって害悪以外の何物でもないが、いまやシンガポールには通常の九官鳥を勝る数のジャワハッカが生息し、シンガポールで最も一般的な鳥となっている。

本書は作者が一カ月にわたりこの鳥を木から撮影したものを収録している。

タイトル

『MYNAS』

出版社

私家版

価格

4,500円+tax

発行年

2016年

仕様

ソフトカバー/230mm×300mm/104ページ

URL

https://twelve-books.com/products/mynas-by-robert-zhao-renhui

Share