妻と子の交流をとらえた作品集、
ヴァンサン・フェラーネ『MILKY WAY』

伝統的な絵画を彷彿とさせる授乳シーンの写真群を収録、LIBRARYMANから刊行。

27 September 2017

Share

MILKY WAY

フランス人フォトグラファー、ヴァンサン・フェラーネの作品集がLIBRARYMANより刊行された。

自身の妻が子供に授乳しているシーンを収めた写真で構成された本書は、作品内でレイアウトされた身体と空間との幾何学的配置によって表現される授乳という行為が作品の美しさを形成している。

収録されたイメージには、伝統的な絵画における授乳シーンのような表現の繰り返しがある一方で、現代的な表現も取り入れられることで相互作用が起こっている。このような日常風景には、母と子というふたつの生物の激しくも優しい交流とともに母乳という存在の力強さが浮き彫りになっており、流れ出した母乳はギリシア神話における「天の川(Milky Way)」を想起させる一冊となっている。

タイトル

『MILKY WAY』

出版社

LIBRARYMAN

価格

7,000円+tax

発行年

2017年

仕様

ハードカバー/215mm×275mm/64ページ

URL

https://twelve-books.com/products/milky-way-by-vincent-ferrane

Share