TARO NASU

TARO NASU

1998年の開廊より、80年代以降の現代美術を中心に、国際的に評価の高いピエール・ユイグ、リアム・ギリック、ジョナサン・モンク、ライアン・ガンダー、ミカ・タジマ、サイモン・フジワラ、眞島竜男といった国内外のコンセプチュアル・アーティストの展覧会を数多く開催。また、松江泰治やホンマタカシ、春木麻衣子ら現代写真家も積極的に紹介している。

TARO NASU opened in 1998 with various programs devoted to explore the contemporary art after 80’s, mainly working with conceptual artists such as Pierre Huyghe, Liam Gillick, Ryan Gander and Simon Fujiwara. TARO NASU also represents many of Japanese contemporary photographers as Takashi Homma, Taiji Matsue and Maiko Haruki.