いまアート写真は、屋外フェスで見るのがトレンド!?

この秋の欧州フォトフェスティバルをIMA編集部がレポート!Vol.1 Unseen Photo Festival(オランダ・アムステルダム)

REVIEW

07 October 2016

Share

Unseen Photo Festival

Unseen Photo Festival。雑誌『FOAM』のTALENTに選ばれた写真家たちの作品は、屋外展示に。一番手前の作品は横田大輔。

この数年、アート写真がぐんと身近になっている。世界中の美術館で写真展が増えているし、写真集の刊行も活発。アートフェアも各都市で盛んに繰り広げられてはいるが、大衆に浸透しはじめている何よりの理由が、アート写真のフェスティバルが急増していることだろう。

写真祭といえば、これまでは1969年にスタートしたアルルの国際写真フェスティバル、31年目を迎えるイエールの写真フェスティバルといったフランス勢の老舗が主流だったが、2010年代に突入した頃から、写真祭の世界地図に変動が起き始めた。

アムステルダムで2012年にスタートしたアートフェアのUnseenも、そのひとつ。大御所の写真作品が集うパリフォトと対極をなすように、写真雑誌『Foam』と連動し、エッジーかつ旬の若手アーティストを紹介し、まだ手垢のついていない才能や表現に出会える場として活況を呈してきた。中でも、『Foam』の若手に与える賞TALENTに選ばれた作家たちによる屋外展示は、毎年注目の的。

そのUnseenはすっかり知名度も上がり、成熟期に入った感があるが、5年目を迎える今年からはこれまで開催してきた3日間の写真フェアに加えて、前週から2週間続く写真フェスティバルが追加され、街を取り込んでの大きなイベントに拡大。フェスティバルとなった今年は、『IMA』でもパナソニック/LUMIXの特別協賛による、日本人若手写真家6人の展覧会「LUMIX MEETS / Beyond 2020 by Japanese Photographers #4」を開催し、好評を得た。

ユニークなのは、フェスティバルの開催エリアが年ごとに街を転々と移動していくというコンセプトだ。アートフェア、ブックフェア、屋外展示とフェスの街ぐるみでの複合形。今後の発展の仕方が楽しみだ。

Europe Photo Festival Report

  • Breda Photo

    Vol.2

    若手中心の意欲的なセレクションが特徴「Breda Photo」

  • Images Vevey

    Vol.3

    街全体がフェスティバル一色!「Images Vevey」

Share

Recommend Posts