いまアート写真は、屋外フェスで見るのがトレンド!?

この秋の欧州フォトフェスティバルをIMA編集部がレポート!Vol.2 Breda Photo(オランダ・ブレダ)

REVIEW

07 October 2016

Share

Breda Photo

公共施設とアパートに囲まれた広場には大きな写真のインスタレーションを。工事現場の足場を利用し、1枚から2、3、4枚と図形を組み合わせるようにして展示する。

欧州フォトフェスティバルレポート第2弾は、オランダの Breda Photo。

アムステルダムから電車で1時間少しの小都市ブレダで「Preda Photo」が開催された。日本では名前も聞いたことのない地方の街で繰り広げられる写真フェスティバルの特徴は、屋外展示が多いこと。今年は「YOU」というテーマを掲げ、美術館や公共のスペース、公園や川などを使って、25の展示と43のイベントが7週にわたって開催された。オランダのお国柄かUnseenに負けず劣らず、これからという若手が中心の意欲的なセレクションが特徴だ。IMA gallery所属の石橋英之も参加作家として招待された。

屋外展示の多くはごく普通の住宅地や空き地などで、小さな街をのんびりと散歩をしながら1日で歩き回れるほどよいサイズの写真祭だ。都市で見る写真とはまた違った見方が楽しめる。

Europe Photo Festival Report

  • Unseen Photo Festival

    Vol.1

    エッジーな旬の若手アーティストを紹介「Unseen Photo Festival」

  • Images Vevey

    Vol.3

    街全体がフェスティバル一色!「Images Vevey」

Share

Recommend Posts