「光の表象 田原桂一 光画展」、5シリーズ約60点を展示

「光の表象 田原桂一 光画展」が、11月4日(金)より何必館・京都現代美術館で開催。

EXHIBITION

21 October 2016

Share

窓

田原桂一「窓」1977年 何必館・京都現代美術館蔵

田原桂一は1951年、京都府生まれ。1972年に小さな劇団の照明係として渡仏。公演後、そのままパリに残った田原は写真家を目指し、そのわずか5年後に「窓」のシリーズでアルル国際写真フェスティバル大賞を受賞。以後、木村伊兵衛写真賞、エニプス賞、シュヴァリエ文化功労賞と受賞を重ね、パリ市立写真美術館やポンビドゥセンター、ルーブル美術館などフランスを中心に、世界各国の美術館、アートセンターで多くの展覧会を開催してきた。

本展「光の表象 田原桂一 光画展 」では、プラチナプリントという古い手法で焼き付けた「都市」「窓」「エクラ」「ヌード」「トルソー」の5つのシリーズを中心に、石やガラス、布などに印画された作品約60点を展示。

なお会期中11月5日(土)、20日(日)、12月3日(土)、24日(土)には田原のサイン会が行われる。

タイトル

「光の表象 田原桂一 光画展」

会期

2016年11月4日(金)~12月25日(日) 

会場

何必館・京都現代美術館

時間

10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

休廊日

月曜

入館料

【一般】1,000円【学生】800円

URL

http://www.kahitsukan.or.jp/frame.html

Share

Recommend Posts