蜷川実花初のZINE『poison yellow』発売を記念したインスタレーション展、大阪で開催中

蜷川実花「POISON YELLOW」展が、10月15日(土)より大阪・FANで開催中。

EXHIBITION

26 October 2016

Share

POISON YELLOW

今年7月開催の蜷川実花「Light of」展に合わせて発売された、蜷川自身初のZINE『poison yellow』。本書は蜷川の近作を中心に構成され、通常写真集には使われることが稀な梱包用の紙と工業用のボルトを使って製本されており、国内のみならずクオリティ重視の海外ショップで見ることができる希少価値の高い作品集となった。

本書『poison yellow』の発売を記念して行われるインスタレーション展「POISON YELLOW」では、蜷川が撮影したストリートスナップ400点を、スライドショーに合わせてアクリル板にシルクスクリーンさせた作品や、和紙に直接写真を印刷したプリントなど、特別なメディアを通して作品を体感できる。

また会場では空間そのものを楽しめるよう、コーヒーショップを出店。作品に囲まれた空間を楽しむことができる。

タイトル

「POISON YELLOW」

会期

2016年10月15日(土)~11月6日(日) 

会場

FAN

時間

13:00~20:00

URL

http://fan.on-co.com/fan-art-vol-2/

関連書籍

  • IMA MAGAZINE Vol.2

    IMA MAGAZINE Vol.2

    蜷川実花 掲載

Share

Recommend Posts