谷崎潤一郎作品をモチーフにした新作セルフポートレート、
須藤絢乃「てりはのいばら」 展

須藤絢乃「てりはのいばら」展が、11月9日(水)より兵庫・芦屋市谷崎潤一郎記念館 ロビーギャラリーで開催中。

EXHIBITION

09 November 2016

Share

てりはのいばら

自身や被写体の性別を超えた変身願望や理想像を写真に納め、絵画と写真の狭間にあるような平面作品を発表している須藤絢乃。2014年キヤノン写真新世紀グランプリを受賞した「幻影 Gespenster」を披露した同記念館での個展から約3年、セルフポートレートのみで構成された新作を発表する。

今回の新作「てりはのいばら」は、谷崎潤一郎の代表作である『細雪』の作中に登場する蒔岡姉妹をモチーフにしたセルフポートレート。作品中にはかつて谷崎が実際に住んでいた打出の家(富田砕花旧居)や、愛用の家具が登場。 衣装は、船場をルーツに持つ須藤の祖母が大切にしてきた着物や小物を用い、大阪・阪神間で育った須藤が『細雪』を通して見た阪神間モダニズム、そして近代の女性像を自らが被写体になり体現してゆく作品となっている。

また会期中11月13日(日)には、大阪堀江新地最後の検番の元女将で須藤の祖母でもある小川セツと、本作でヘアメイクと着付けを担当した正木寛子をゲストに迎え、アーティストトーク「船場文化の今昔と現代の阪神間文化」が行われる。

タイトル

「てりはのいばら」

会期

2016年11月9日(水)~12月10日(土) 

会場

芦屋市谷崎潤一郎記念館 ロビーギャラリー(兵庫県)

時間

10:00~17:00(入館は閉館30分前まで/最終日15:00まで)

休廊日

月曜

入場料

【一般】400円【大・高生】300円【中・小学生】無料
*20名以上の団体は2割引き/65歳以上および身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、並びにその介護者1名は半額

URL

http://www.tanizakikan.com/lobbygallery.html

Share

Recommend Posts