森山大道×粟生田弓トークイベント「印刷原稿からオリジナル・プリントの時代へ」、青山で開催

『写真をアートにした男:石原悦郎とツァイト・フォト・サロン』(小学館))刊行記念として、森山大道×粟生田弓トークイベント「印刷原稿からオリジナル・プリントの時代へ」が12月20日(火)に東京・青山ブックセンター本店で開催。

EVENT

12 December 2016

Share

写真をアートにした男:石原悦郎とツァイト・フォト・サロン

今回、小学館より刊行された『写真をアートにした男:石原悦郎とツァイト・フォト・サロン』の著者・粟生田弓は、写真を美術品として取り扱う日本で最初の画廊・ZEIT-FOTO SALON(ツァイト・フォト・サロン)に2006年から2年間、スタッフとして在籍。当時、最初に与えられた仕事は、複数枚保有していた森山大道のヴィンテージ・プリントを中心とした作品の作品名を『カタログ・レゾネ』から探すというもの。やがてそれらの作品は多くの人手にわたり、ツァイト・フォトには一枚も無くなってしまった。

本イベントでは“森山大道の作品はどうやってツァイト・フォトへとやってきたのか、そして誰の元へ渡って行ったのか”をテーマに、その問いの答えを森山とともに語る。

タイトル

『写真をアートにした男:石原悦郎とツァイト・フォト・サロン』(小学館)刊行記念トークイベント 森山大道×粟生田弓「印刷原稿からオリジナル・プリントの時代へ」

日程

2016年12月20日(火)

会場

青山ブックセンター 本店(東京都)

時間

19:00~20:30

料金

1,080円

URL

http://www.aoyamabc.jp/event/zeit-foto/

Share

Recommend Posts