黑田菜月「文學者の肖像」展、文学者のポートレイトを展示

黑田菜月「文學者の肖像」展が、12月9日(金)より東京・池尻のSUNDAYで開催中。

EXHIBITION

14 December 2016

Share

文學者の肖像

文学者とともにワイングラスを傾けながら、もっと気軽に、自由に文学の話をしたい。そんな思いから銀座のワインバー、エノテカ・ミレで開催されているのが「文学ワイン会 本の音夜話」。これまでに小林エリカ、角田光代、平野啓一郎、柴崎友香、田中慎弥、原田マハ、穂村弘、島本理生、堀江敏幸、西川美和ら10名が登壇した。

本イベントでのゲストの話をもとに制作されたのが、山内宏泰著『文学とワイン』(青幻舎)。本の制作にあたり、山内は文学者をあらためて訪ね、その邂逅の場で写真家・黑田菜月はポートレイトを撮影してきた。

本展「文學者の肖像」では、黑田が撮影した文学者のポートレイトを展示。文学者らの眼は一体、何を見据えているのか。一人一人とじっくり向き合ってみてほしい。

タイトル

「文學者の肖像」

会期

2016年12月9日(金)~12月18日(日)

会場

SUNDAY(東京都)

時間

11:00~20:00

Share

Recommend Posts