「新井卓 Bright was the Morning ― ある明るい朝に」展、
ダゲレオタイプの新作も

「新井卓 Bright was the Morning ― ある明るい朝に」展が、1月28日(土)より神奈川県・横浜市民ギャラリーあざみ野で開催。

EXHIBITION

24 December 2016

Share

2014年3月23日, 比治山公園より西北西に見かけの高度570mの太陽, 広島

新井卓/2014年3月23日, 比治山公園より西北西に見かけの高度570mの太陽, 広島/2014/ダゲレオタイプ/19.3×25.2cm

新井卓は1978年生まれ、神奈川県川崎市を拠点に活動。写真の原点を探るうちに、写真史最初期の技法・ダゲレオタイプを知り、試行錯誤ののち同技法を習得。これまで、ボストン美術館、サンフランシスコ近代美術館、森美術館、東京国立近代美術館ほか国内外の多数の展覧会に参加し、2014年に英国ソースコード・プライズ、2016年には第41回木村伊兵衛写真賞、日本写真協会賞新人賞、神奈川文化賞未来賞を続けて受賞した。

本展「Bright was the Morning ― ある明るい朝に」では、ダゲレオタイプの特徴を活かしながら、東北の震災や広島、長崎の原爆投下といった同時代的、歴史的な事象を作品の対象にしてきた新井の作品を展示。また今回は新作として、若い次世代の人々のポートレイトも出品。新井作品の今後の方向性のひとつが示されたものとなっている。

なお、会期中にはアーティストトークや対談企画などの関連イベントが多数行われる。

タイトル

「新井卓 Bright was the Morning ― ある明るい朝に」

会期

2017年1月28日(土)~2月26日(日)

会場

横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1(神奈川県)

時間

10:00~18:00

URL

http://artazamino.jp/event/azamino-photo-20170226/

Share

Recommend Posts