いま目が離せない、気鋭の写真家たちの展覧会が都内各所で開催中。
IMA編集部がピックアップ&レポート!

この冬の写真展巡りでオススメしたいのが、気鋭の写真家たちのユニークな個展。3つの展示と新スペースの最新情報を、IMA編集部がピックアップ。これが写真?と不思議に思うものもあるかもしれないが、柔軟な思考で見ることで、写真の概念を拡張する新たな表現に出会えるはず。もし会場で作家に出会ったら、直接作家に疑問をぶつけてみるのもいい。制作の真髄に触れられるとともに、彼らの表現を一層深く理解することができる。

EXHIBITION

20 January 2017

Share

Assembly

Vol.1 思考の痕跡をたどるインスタレーション

池ノ上のQUIET NOISEで行なわれているのは、宇田川直寛による「Assembly」。宇田川は『IMA』が主催するグループ展「LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #4」(1月20日(金)~29日(日)IMA galleryにて開催中)にも出展している注目株。一見すると、制作途中にも思える「Assembly」の展示空間は、自宅での制作行為を、そのまま展示に置き換えたという。展示や制作の途中で出たマスキングテープや紙くず、額が入っていた段ボールもそのまま展示に生かされている。さらに設営時の様子はポラロイドで撮影され、そのままテーブルに置かれている。制作行為はどこまでも継続していて、展示はあくまでその流れの中に在るものであり、目的ではない、という宇田川の一連の思考の流れが見えて来る。意図や目的から遠ざかろうとしながらも、アナログな手触り感や作家の痕跡によって、私たちは単に写真を見るだけでなく思考をたどり、それを体験することができる。

1月21日(土)15:00~16:30には、宇田川直寛、横田大輔、山峰潤也、牧信太郎によるトークイベントも開催される。展示でしか出会えない空間を、ぜひお見逃しなく。

タイトル

宇田川直寛「Assembly」

会期

2017年1月5日(木)~1月23日(月)

会場

QUIET NOISE arts and break(東京都)

時間

11:00~20:00(最終日は18:00まで)

休廊日

火曜

URL

http://www.quietnoise.jp/event/utagawa-naohiro-exhibition-assembly.html

IMA Pick up & Report

  • Formless

    Vol.2

    パリ同時多発テロ事件以降の世界を視覚化する

  • Generated X

    Vol.3

    新たな写真表現とは?小山泰介3年ぶりの国内個展

  • cart wheel galaxy

    Vol.4

    高崎から発信する新しい現代写真の波

Share

Recommend Posts