実験的ワークショップアトラスラボ
「アイデンティティを視覚化する」参加者募集中

実験的ワークショップアトラスラボ「アイデンティティを視覚化する」が、東京都・曳舟のReminders Photography Strongholdで開催。

EVENT

22 March 2017

Share

アイデンティティを視覚化する

同ギャラリーで不定期に開催されている、自分の写真の本質と向き合う実験的ワークショップが今年7月に行われる。第5弾となる今回は、第14回RPSグラントを受賞したイラン出身の写真家、アマク・マホモーディアンを講師に迎え、4日間のワークショップを行う。

本ワークショップでは「アイデンティ」をテーマに、ストーリーテリングのプロジェクトに取り組み、自身の解釈に基づいた「アイデンティティ」の形を写真や視覚的素材などで表現し、ストーリーテリングにおいて必要とされているひとつの視覚芸術表現方法に実験的に取り組んでいく。編集や構成などを通してどう人に届けるか―最終形を意識し講師とともに模索しながらまとめていくことを目指す。本ワークショップで独自表現の可能性を導き出し、新しい表現と見せ方の気付きをプロジェクトの中で実践してみることを目的としている。

なお、講師のアマク・マホモーディアンが考える「アイデンティティ」とは何かが、公式ページで公開されている。参加を検討している人は必見。

タイトル

実験的ワークショップアトラスラボ「アイデンティティを視覚化する」

日程

2017年7月16日(日)、17日(月・祝)、29日(土)、30日(日)
*全4日間

会場

Reminders Photography Stronghold(東京都)

料金

38,000円(RPS会員は35,000円)

定員

10名程度

申込締切

2017年4月30日(日)*先着順

URL

http://reminders-project.org/rps/atlaslab-05/

Share

Recommend Posts