倉谷卓、山崎雄策らによるグループ・THE FAN CLUB展覧会
「私は穴を抱きしめていたい」

THE FAN CLUB「私は穴を抱きしめていたい」展が、5月21日(日)まで東京・四谷三丁目 ランプ坂ギャラリーで開催中。

EXHIBITION

15 May 2017

Share

山崎雄策

本展「私は穴を抱きしめていたい」は、THE FAN CLUBの活動第一弾となるグループ展。

THE FAN CLUBは倉谷卓と山崎雄策を発起人とし、2016年に結成された“生涯アマチュア”を標榜する作家たちによるグループ。結成後、初個展となる本展では、倉谷卓、山崎雄策、ニモ晴海、クラウディオ・ロペスがそれぞれ新作を発表する。

なお、会期中5月20日(土)16:00よりクロージングパーティーが行われる。

「私達がアマチュアを自称するのは謙遜でも皮肉でもない。どんな分野であれ、プロを名乗るということはその世界特有の暗黙のルールや不文律を受け入れるということである。それらを遵守する美学を否定するつもりはない。だが写真という日々変容し続ける媒体を扱うことにおいて、私達はそれを足枷だと考える。私達は、騙し討ちや禁じ手を用いてでも写真の現在にすがりつき、その概念を揺さぶり続ける。」―THE FAN CLUB

タイトル

「私は穴を抱きしめていたい」

会期

2017年5月13日(土)~5月21日(日)

会場

CCAAアートプラザ 四谷三丁目 ランプ坂ギャラリー ランプ3(東京都)

時間

10:00~18:00

休館日

木曜

URL

http://www009.upp.so-net.ne.jp/ccaa/

Share

Recommend Posts