ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ日本初個展
「Jay Chung & Q Takeki Maeda × Teruo Nishiyama 2017」

ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ「Jay Chung & Q Takeki Maeda × Teruo Nishiyama 2017」展が、6月11日(日)まで東京・恵比寿のstatementsで開催。

EXHIBITION

23 May 2017

Share

内科画廊跡 2017

内科画廊跡 2017 © Jay Chung & Q Takeki Maeda

ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダは、フランクフルト・シュテーデルシューレ大学で出会って以来、2002年からコラボレーションを開始、ベルリンを拠点に10年以上活動を続けている。日本国内では、ハンス・ウルリヒ・オブリストへのインタヴュー集を日本語訳したアーティストブック『ハンス・ウルリッヒ・オブリスト インタヴュー Volume 1』(Walther König/2010)でも知られるほか、2016年には「六本木クロッシング」(森美術館、東京/2016)に参加。批評への問い、美術史の参照、芸術的感化や自己反照を探求しながら、アートに関わる末梢の物語を皮肉とユーモアをもって描き出している。

昨年、チュンとマエダは、熱狂的な美術ファン・西山輝夫が慶應アートセンターに一時的に預けたスクラップブックと出会い、その中から10点の写真を抜粋しリプリントした「Untitled」(2016)を六本木クロッシングにて発表。本展では、ふたつのスクラップブックの複製と2点のコラージュ作品を展示する。スクラップブックの第1部は、西山が1965~66年のニ年間に東京で追いかけた展覧会をまとめたもの、第2部は、チュンとマエダが西山の方法を模倣しつつ、2017年1月17日~2月3日のニ週間に東京で開催されていた展覧会を記録しまとめたもの。また第3部に西山スクラップブックの英訳に加え、チュンとマエダによる西山とのインタヴューが掲載されている。

なお本展では、これら3冊をひとつの本としてまとめたアーティストブックを500部限定で販売。

タイトル

「Jay Chung & Q Takeki Maeda × Teruo Nishiyama 2017」

会期

2017年5月13日(土)~6月11日(日)

会場

statements(東京都)

時間

13:00~20:00

休館日

月火曜

URL

http://statements-tokyo.com/exhibitions.html

Share

Recommend Posts