吉田亮人「On Labor」展、4シリーズを構成し展示

吉田亮人「On Labor」展が、5月26日(金)から東京・広尾のEMON PHOTO GALLERYで開催。

EXHIBITION

25 May 2017

Share

On Labor

吉田亮人は1980年、宮崎県生まれ。滋賀大学教育学部卒業後、タイにて日本語教師として現地の大学に一年間勤務、帰国後小学校教員として6年間勤務し退職。2010年より写真家として活動を開始した。

2010年夏、インドの染織物工場に始まり、バングラディッシュの煉瓦職人、造船場や皮なめし工場などの労働者たちを記録に残し、南アジアに数多く点在する製造業に携わる人々を撮ることに没頭した吉田。そうした精力的な活動は実を結び、日経ナショナルジオグラフィック写真賞2015、パリフォト2015アパチャーブックアワードノミネート、エモンアワード2016優秀賞、KYOTOGRAPHIE2017出展など、目を見張る経歴を残している。

本展「On Labor」では、『Calico Factory Artisans』(2010)、『BrickYard』(2012)、『Screw Factory』(2012)、『Construction Road』(2012)の4つのシリーズから構成して展示し、エディションを設けて作品を販売する。

タイトル

「On Labor」

会期

2017年5月26日(金)~6月27日(火)

会場

EMON PHOTO GALLERY(東京都)

時間

11:00~19:00(土曜は18:00まで)

休廊日

日曜・祝日、6月5日(月)

URL

https://www.emoninc.com/director-s-choice-landscapes

Share

Recommend Posts