沖縄で9年ぶりの個展、山城知佳子写像展「存在の海 The Sea of Being」

山城知佳子「存在の海 The Sea of Being」展が、6月11日(日)まで沖縄・RENEMIAで開催中。

EXHIBITION

06 June 2017

Share

《土の人》2016

《土の人》2016 © Chikako Yamashiro

山城知佳子は1976年、沖縄県生まれの映像作家・美術家。沖縄県立芸術大学大学院絵画専修修了、現在同大学非常勤講師。「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」では「土の唄」と題し、近年作品を組み合わせて発表した。

本展「存在の海 The Sea of Being」は、山城の新たな取り組みともいえる映像から切り出した写真作品の展示と上映会で構成される写像展。あいちトリエンナーレ2016で話題となった最新作「土の人」をはじめ、これまでの作品を網羅する上映会とトークを作家自身、また多彩なゲストを迎え開催する。上映プログラムはギャラリーサイトをチェックしよう。

タイトル

「存在の海 The Sea of Being」

会期

2017年5月27日(土)~ 6月11日(日)

会場

RENEMIA(沖縄県)

時間

14:00~19:00

URL

http://s.imaonline.jp/2r149VX

Share

Recommend Posts