米田知子ら3名の作品を展示
「MAMコレクション004:未知の物語を想像する」展

「MAMコレクション004:未知の物語を想像する」展が、2月4日(土)より東京・六本木の森美術館で開催中。

EXHIBITION

08 February 2017

Share

米田知子《フロイトの眼鏡-ユングのテキストを見るⅡ》

米田知子《フロイトの眼鏡-ユングのテキストを見るⅡ》1998年 ゼラチン・シルバー・プリント 120×120cm

本展「MAMコレクション004:未知の物語を想像する」は、米田知子、シルパ・グプタ、イー・イランの3名のアーティストの作品を紹介する森美術館のコレクション展。

本展では、歴史上の可視・不可視の関係を主題とする米田知子の写真シリーズ「見えるものと見えないもののあいだ」、インドの初代首相ジャワハルラール・ネルーが独立前夜に行った有名な演説を、シルパ・グプタが口ずさんだサウンド・インスタレーション「運命と密会の約束―1947年8月14日、ジャワハルラール・ネルー(1889-1964)による憲法議会演説」、フィリピン領スールー諸島にまつわる伝説や物語などを想像して描いたイー・イランの写真シリーズ「スールー諸島の物語」などが展示される。

同作品は、すべて実際には体験したことのない史実や伝説に作家のイマジネーションを挿入することで再現し、作品化されたもの。作家の主観によって再現され、ドキュメンタリーとは別のアプローチで描かれた過去や伝説は、私たちの心に静かに何かを訴えかけてくるだろう。

タイトル

「MAMコレクション004:未知の物語を想像する」

会期

2017年2月4日(土)~6月11日(日)

会場

森美術館(東京都)

時間

10:00~22:00(火曜は17:00まで/入館は閉館の30分前まで)

休館日

無休

観覧料

【一般】1,800円【学生(高校・大学生)】1,200円【子供(4歳ー中学生)】600円【シニア(65歳以上)】1,500円*「N・S・ハルシャ展」、「MAMスクリーン005」展、「MAMプロジェクト023」展と共通

URL

http://www.mori.art.museum/contents/mamproject/mamcollection/index.html#past

Share

Recommend Posts