田中和人「Transpose / Perception」展、
新作「pLastic_fLowers」シリーズを展示

田中和人「Transpose / Perception」展が、2月18日(土)より東京・東神田のgallery αMで開催。

EXHIBITION

17 February 2017

Share

Kazuhito Tanaka, pLastic_fLowers Ⅱ #20, 2017年

Kazuhito Tanaka, pLastic_fLowers Ⅱ #20, 2017年 © Kazuhito Tanaka

本展「Transpose / Perception」は、埼玉県立近代美術館主任学芸員・梅津元のキュレーションによるシリーズ「トランス/リアル − 非実体的美術の可能性」の第7弾、今回がシリーズ最終回となる。

田中和人は1973年、埼玉県生まれ。明治大学商学部卒業後、会社勤務を経て渡米。2004年、ニューヨークのSchool of VISUAL ARTSを卒業。2011年には「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD」を受賞した。

本展では、田中の新作「pLastic_fLowers」シリーズを展示。なお会期初日の2月18日(土)には、アーティストトーク&オープニングパーティーが行われる。

タイトル

「Transpose / Perception」

会期

2017年2月18日(土)~3月25日(土)

会場

gallery αM(東京都)

時間

11:00~19:00

休館日

日月曜

URL

http://gallery-alpham.com/exhibition/2016_7/

Share

Recommend Posts