Talk
Tomo Kosuga × Ryuichi Kaneko

鴉の秘密 アーカイブスの謎【前編】

AREA

東京都

1 2 3 NEXT PAGE

今年MACKから復刊され、大きな話題となった深瀬昌久の『鴉』。深瀬昌久アーカイブスのトモ・コスガと、同時代的に深瀬昌久の活動を見てきた写真史家・金子隆一の二人が、長い間語られてこなかった本作について解き明かす。前編では復刊のキーとなった深瀬昌久アーカイブスについて、『鴉』とはどのような作品だったのかについて語る。

*2017年9月に原宿・VACANTにて行われたトークイベント「フォトブック・シンポジウム Vol.3:金子隆一 | RAVENS / 鴉 – 鴉の秘密、アーカイブスの謎」から抜粋して掲載しています。

企画・写真=twelvebooks
協力=深瀬昌久アーカイブス、MACK
構成=小林祐美子

金子隆一(以下“金子”):『鴉』は蒼穹舎という、1980年代に大田通貴さんが始めた出版社が一番最初に出した写真集でした。その後一度アメリカで復刻が出て、2008年には1,000部という限られた部数でラット・ホール・ギャラリーより復刊されたのち、幻の写真集と呼べる最右翼に位置するものでした。加えて深瀬さんが1992年に不慮の事故によって写真家として再起不能になり、その後お亡くなりになったことによって、しばらく深瀬昌久という写真家の活動自体が表に出てこない状況が続いていた。その中でトモ・コスガさんが深瀬昌久アーカイブスを立ち上げたことによって、深瀬昌久がもう一度アプローチできる存在として、近年浮かび上がってきています。その結果のひとつとして、この復刻された『鴉』がある。そこでまず、深瀬昌久アーカイブスの始まりと現状についてお話しいただけますでしょうか。

2017年9月10日に原宿・VACANTで行われたトークイベント

2017年9月10日に原宿・VACANTで行われたトークイベント「フォトブック・シンポジウム Vol.3:金子隆一 | RAVENS / 鴉 – 鴉の秘密、アーカイブスの謎」より

トモ・コスガ(以下“コスガ”):我々が深瀬昌久アーカイブスという名前で本格的に活動を始めたのは2014年からです。深瀬が事故に遭った1992年から2012年にかけては、深瀬昌久アーカイブスの前身団体として深瀬昌久エステートという組織がありましたが、対外的な出版や展示の活動は少なかった。ですから、それらはまず我々の目標の大前提となりましたし、日本だけでなく世界中に広めていくことも大事ですし、ゆくゆくは次世代に深瀬作品が語り継がれていくことを目指しています。今回MACKからの『鴉』復刊はその第一歩だと思っています。

Hibi

『鴉』の復刊の1年前にMACKと深瀬昌久アーカイブスの最初のコラボレーションとして刊行された「Hibi」

『鴉』は86年に蒼穹舎より刊行されてから世界中で評価をいただいていますが、その一方では長く絶版が続き、本格的な展示もない時期が長らく続いていたことから、その中身について議論される機会はほとんどありませんでした。ですから今回のように再版されることを機に、深瀬の作品をいま一度考えて頂いたり、議論していただけたら嬉しいです。

我々の活動としては主に3つ。「作品のデータベース化」を完成させ、「展覧会や出版の企画立案」をし、最終的には「美術館への収蔵」をすること。それらをどれだけスピードを伴って積極的に進めていけるかを重要視しています。というのも、我々の手元にプリントやネガが受け渡された2014年の段階で、既に大方のネガや資料が風化している状況でした。とりわけネガは湿度や温度などの保管状態が適切でない環境に長らく置かれていたのか、加水分解を始めているものも多く見られ、酷いものでは絵が消えかかっていたり、あるいはカビが生えていたり。そうしたものが何万点もあることを知った時点で、我々の活動に残された猶予が実際にはあまりないことが分かったんです。

『鴉』展示風景

今年、南仏アルル国際写真祭で開催された深瀬の回顧展「THE INCURABLE EGOIST」より『鴉』展示風景

海外にも広く伝えていこうと、2015年に南フランスのアルル国際写真祭において、テートモダンのキュレーター、サイモン・ベーカー氏がキュレーションした「Another Language」という展示に深瀬作品も出展させて頂きました。

そして今年の7月には南仏・アルル国際写真祭でようやく深瀬の大規模な回顧展が実現し、深瀬自身が生前に手がけたヴィンテージプリントを中心に約290点を展示しました。本展では5つの部屋を使わせてもらい、13のシリーズ群を『遊戯』『家族』『孤独』『私景』という4つの大テーマに区分して展示しました。深瀬が自ら手がけた展示としては最後となった92年の「私景’92」(ニコンサロン銀座にて開催)以降は公開されることのなかった『ベロベロ」や『遊戯』なども一部公開することができ、多くの方にフレッシュに堪能していただけたのではないかと思います。

1 2 3 NEXT PAGE