金澤正人「Avsökning|Blomma」展、
アナログとデジタルが交錯する現在のリアルに挑む

金澤正人「Avsökning|Blomma」展が、7月11日(火)より東京・原宿のハッセルブラッド・ジャパン ギャラリーで開催。

05 June 2017

Share

Avsökning|Blomma

金澤正人は1967年、東京都生まれ。1988年、東京工芸大学短期大学部卒業。同年、株式会社資生堂宣伝部(現:宣伝・デザイン部)に入社。以降、同社の数多くの広告に携わっている。

本作「Avsökning(アブソクニング)」シリーズは、「Blomma(花)」と「Naken (ヌード)」の二部構成。Avsökning(アブソクニング)とは、スウェーデン語でスキャニングを意味し、アナログとデジタルが交錯する現在のリアルを写し出すことに挑んだ作品群。

また、会期前日の7月10日(月)18:00より、作家本人に作品について直接話を聞けるプライベートビューが行われる。

タイトル

「Avsökning|Blomma」

会期

2017年7月11日(火)~7月28日(金)

会場

ハッセルブラッド・ジャパン ギャラリー(東京都)

時間

10:00~18:00

休廊日

土日曜、祝日

URL

http://www.hasselblad.com/jp/our-world/event-jp/masato-kanazawa-photo-exhibition-avsokning-blomma

Share