Prix Pictet賞の最終候補作が東京に巡回、
川内倫子、西野壮平の作品も

今年のテーマは「宇宙・空間」、11月23日(木)から代官山・ヒルサイドフォーラムで開催。

05 October 2017

AREA

東京都

Share

Idomeni, 2016

Richard Mosse Idomeni, 2016 Series: Heat Maps, 2016-17 © Richard Mosse, Prix Pictet 2017

世界的に高く評価されているPrix Pictet賞の最終候補に残った作品が、11月23日(木)から代官山のヒルサイド・フォーラムで開催される国際写真展「Prix Pictet:SPACE(宇宙・空間)」で展示される。

今回選出されたのは、環境やサステナビリティーに関するグローバルな問題に寄与する写真家12名による作品。今年5月、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で開催された同賞のセレモニーでは、最優秀賞をアイルランド人の写真家、リチャード・モスに授与することが発表されている。

2008年にスイスのPictetグループによって創設されたPrix Pictetは、昨今の最も緊迫した社会問題・環境問題に寄与する優れた写真家たちの作品を展示し、世界的に高い評価を受けている。これまでの6名の最優秀賞受賞者は、ベノー・アキン、ナダフ・カンダー、ミッチ・エプスタイン、ルック・ドラエ、マイケル・シュミット、ヴァレリー・ベラン。

なお今回の最終選考者は次の通り。 マンディ・バーカー、サスキア・グローンバーグ、ベアテ・グーチョウ、川内倫子、ベニー・ラム、リチャード・モス、西野壮平、セルゲイ・ポノマリョフ、トーマス・ルフ、ムネム・ワシフ、パヴェル・ヴォルベルグ、マイケル・ウルフ

タイトル

プリピクテ国際写真賞「Prix Pictet SPACE (宇宙・空間)」 東京巡回展

会期

2017年11月23日(木)〜12月7日(木)

会場

ヒルサイドフォーラム(東京都)

時間

11:00~19:00

休館日

会期中無休

入場料

無料

URL

http://www.jp.prixpictet.com

Rinko Kawauchi Untitled Series: Ametsuchi, 2012 © Rinko Kawauchi, Prix Pictet 2017

Thomas Ruff ma.r.s.14, 2011 Series: ma.r.s, 2010–13 © Thomas Ruff, Prix Pictet 2017

Saskia Groneberg Saskia Groneberg Thomas Ruff ma.r.s. 08_II, 2012 Series: ma.r.s, 2010–13 © Thomas Ruff, Prix Pictet 2017 Thomas Ruff ma.r.s.14, 2011 Series: ma.r.s, 2010–13 © Thomas Ruff, Prix Pictet 2017 Untitled Series: Büropflanze (office plant), 2012 © Saskia Groneberg, Prix Pictet 2017

Sohei Nishino Diorama Map Havana, 2016 Series: Diorama Map, 2010–16 © Sohei Nishino, Prix Pictet 2017

Sergey Ponomarev Migrants arrive by a Turkish boat near the village of Skala, on the Greek island of Lesbos. Monday 16 November 2015. Series: Europe Migration Crisis, 2015 © Sergey Ponomarev, Prix Pictet 2017

Michael Wolf Tokyo Compression 18, 2010 Series: Tokyo Compression, shoreline, Cove of Cork, Ireland, (White plastic horse, 3), 2015. Specimen collected from Glounthaune shoreline, Cove of Cork, Ireland, (Pram wheel), 2015. 2008–11 © Michael Wolf, Prix Pictet 2017

Share