小山泰介「Generated X」展、
体験性を重視した写真&映像インスタレーション

小山泰介「Generated X」展が、1月6日(金)より東京・恵比寿のG/P galleryで開催。

EXHIBITION

14 December 2016

Share

展示風景『Generated Images』(大和日英基金ジャパンハウスギャラリー、ロンドン、2016年)

展示風景『Generated Images』(大和日英基金ジャパンハウスギャラリー、ロンドン、2016年)©︎ Taisuke Koyama Courtesy of G/P gallery, Tokyo

小山泰介は1978年、東京都生まれ。2014年より2年間、文化庁新進芸術家海外研修制度でロンドンに滞在し、現在はアムステルダムを拠点に活動中。2010年、オランダ『Foam Magazine』による「Foam Talent 2010」に選出、2012年「第15回文化庁メディア芸術祭(審査委員会推薦作品)」受賞、2015年にはスイス・ヴィンタートゥール写真美術館主催の「PLAT(T)FORM 2015」に選抜された。

本展「Generated X」では、2016年4月にロンドンの大和日英基金ジャパンハウスギャラリーで開催し、好評を博した個展「Generated Images」で発表した「PICO」シリーズの写真と映像によるインスタレーションをアップデートして発表。近年、“イメージを体感すること”を重要視している小山が、本展でも体験性を重視したインスタレーションを展開させる。また「あいちトリエンナーレ2016」で発表した、名和晃平との新作コラボレーション作品「VESSEL-XYZXY」や、ポストデジタル時代の抽象写真の可能性を探究した「LIGHT FIELD」シリーズなども併せて展示。

なお、関連企画として会期初日1月6日(金)には、甲南女子大学文学部メディア表現学科講師・水野勝仁、編集者/キュレーター・塚田有那、小山の3名によるトークイベントが行われる。

タイトル

「Generated X」

会期

2017年1月6日(金)~2月26日(日)

会場

G/P gallery(東京都)

時間

12:00~20:00

休廊日

月曜

URL

http://gptokyo.jp/archives/3379

Share

Recommend Posts