倉谷卓、村上賀子「写真は語る」展、
切り離せない写真と言葉の関係性

倉谷卓、村上賀子「写真は語る」展が、1月13日(金)より馬喰町・Kanzan Galleryで開催中。

EXHIBITION

18 January 2017

Share

《Kanae》「Pets」より

《Kanae》「Pets」より © Kuraya Takashi

本展「写真は語る」は、同ギャラリーが2016年5月から開催している「言葉とイメージ」について考える展覧会シリーズの第3弾。

本展の出展作家である倉谷卓と村上賀子は、今回が初顔合わせとなる気鋭の写真家。倉谷は、迷子になったペットを探す貼紙を複写(撮影)して制作した「Pets」、村上は被写体と関係が深い動物との物語が語られた紙をその動物の型に折り、被写体とともにポートレートとして撮影した「Untitled Origami」を展示する。

なお、会期中1月28日(土)には、編集者のアイヴァン・ヴァルタニアン、倉谷、村上、そして本展キュレーターの菊田樹子の4名によるトークイベントが開催される。

タイトル

「写真は語る」

会期

2017年1月13日(金)~1月30日(火)

会場

Kanzan Gallery(東京都)

時間

12:00~19:30(日曜は17:00まで)

休廊日

月曜

URL

http://www.kanzan-g.jp/%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%AF%E8%AA%9E%E3%82%8B.html

Share

Recommend Posts