「世界報道写真展 2017」日本での巡回がまもなくスタート

「世界報道写真展 2017」展が、6月10日(土)より恵比寿・東京都写真美術館で開催。

EXHIBITION

22 May 2017

Share

ブルハン・オズビリジ(トルコ、AP通信)2016年12月19日(アンカラ、トルコ)

ブルハン・オズビリジ(トルコ、AP通信)2016年12月19日(アンカラ、トルコ)

毎年、世界中の約100会場で開催される世界最大規模の写真展「世界報道写真展」。第60回となる今年は、125の国と地域から5,034人のフォトグラファーが参加し、80,408点の応募があった。

今年の大賞は、トルコの首都・アンカラで開かれた写真展で、現地の警察官が駐トルコ・ロシア大使を射殺した事件をとらえた、トルコのブルハン・オズビリジの作品が受賞。 また、スウェーデン・アフトンブラデッド紙のマグナス・ウェンマンは、イスラム国(IS)の恐怖と食糧難によってやむなく郷里を去り、避難民キャンプで過ごさざるを得ないこどもの姿を撮影。子どもが夢や希望をなくす姿を静かに伝え、人々の部で単写真1位を受賞した。

このほか、リオデジャネイロ・オリンピックの決定的瞬間をとらえた作品や漁具により生命が脅かされるウミガメの姿など、世界の現状を伝える写真が並ぶ。紛争、環境問題、スポーツの決定的瞬間から日常的な場面に至るまで、普段目にすることがない、世界の「いま」を見ることができる貴重な機会となる。

【ご招待券プレゼント】
IMA MEMBERS限定で本展の招待券を5組10名様にプレゼント。締切は2017年6月5日(月)まで。 受付終了

タイトル

「世界報道写真展 2017」

会期

2017年6月10日(土)~8月6日(日)

会場

東京都写真美術館(東京都)

時間

10:00~18:00(木・金曜は20:00まで)*入館は閉館30分前まで

休館日

月曜(7月17日は開館)

入場料

【一般】800(640)円【学生】600(480)円【中高生・65歳以上】400(320)円*( )内は20名以上の団体料金/小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料(サマーナイトミュージアム割引は適用外)/前売り期間は6月9日(金)まで(前売りチケットはセブン・イレブンにて、東京都写真美術館では当日券のみの販売)

URL

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2798.html

Share

Recommend Posts