ニューヨークの写真家15人を追ったドキュメンタリー映画『フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク』が8月より公開

ニューヨークで活躍する写真家15人を追った、シェリル・ダン監督のドキュメンタリー映画「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」が8月初旬より渋谷のシアター・イメージフォーラムを皮切りに全国で順次公開される。

OTHERS

13 June 2016

Share

Alldayeveryday

© Alldayeveryday

シェリル・ダン初監督作品となる『フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク』は、ニューヨークのストリート・フォトグラファーに焦点を当てたドキュメンタリー映画。

1930年代からニューヨークを撮り続け、2016年8月に100歳を迎えるレベッカ・レプコフや、マグナム・フォトメンバーであるエリオット・アーウィット、ブルース・ギルデン、1980年代のヒップホップシーンと並走したリッキー・パウエルまで個性豊かな15人の写真家が登場する。

さまざまなアクセントの言語が飛び交い、文化が複雑に混交する舞台で、新旧の写真家たちは何を見つめているのか―。見たことのないニューヨークの魅力が詰まった映画となっている。

公開

2016年8月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

会場

シアター・イメージフォーラム

監督

シェリル・ダン

URL

https://akarifilms.co/photographers-in-newyork/

関連書籍

  • IMA MAGAZINE Vol.2

    IMA MAGAZINE Vol.2

    エリオット・アーウィット 掲載

Share

Recommend Posts